草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

朝鮮半島の危機は去っておらず警戒を怠ってはならない!

2018年08月28日 | 安全保障

金正恩はトランプを騙せると思っているのだろうか。トランプは騙された振りをして、徐々に締め上げていくのではないだろうか。去る6月12日にシンガポールで開かれた米朝会談での約束はまったく履行されていない。このままアメリカが黙っているようでは、北朝鮮を付けあがらせるだけである。米国にまで届くようなICBMの開発も進めているようで、時間稼ぎをして現状を固定化したいのだろう。トランプはトランプで北朝鮮との対話にも限界があることを知っていたはずだ▼ポンぺオ米国務長官が来週に予定していた訪朝が延期となった。トランプの指示によるもので、朝鮮半島の非核化での進展が見られないために、業を煮やしたのではないだろうか。今後の成り行きが注目されるが、以前のように軍事的な面での圧力を強化することになるだろ。トランプは見せしめとして、シリアに行ったような巡航ミサイルによる武力行使に踏み切る可能性もある▼朝鮮半島の危機は去ったのではなく、より深刻化しているのだ。そうでなくても韓国の文在寅政権は北朝鮮の言いなりである。朝鮮半島が北朝鮮によって統一されたかのような状況は異常である。とくに韓国では国内をまとめる手段として、民族感情に訴えて外部に緊張をつくりだそうとしている。その相手はいうまでもなく日本である。軍事的に挑発をしてくるのは、中共だけではない。韓国や北朝鮮にも警戒を怠ってはならないのである。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 

 

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 安倍内閣の支持率の回復は日... | トップ | 石破茂を必死になって応援す... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
シリア・朝鮮半島 (金 国鎮)
2018-08-28 17:55:27
南北、中朝、米朝、露韓、米露の話し合いは終わったが露朝の話し合いは未だ始まっていない。

ロシアにとって北は何だろうか。
北の政治権力はソビエトが作り上げたが彼らは実に速やかに北からソビエト軍を引き揚げた。
北がロシアに協力できるとしても所詮労働者の派遣のみというお粗末さである。
金正恩のいう核ミサイルはプーチンにはどうでもいい話だ。

ロシアは沿海州の経済開発の協力者を求めている。
筆頭は日本だがロシアは日本の米軍基地をヨーロッパと同様に容認していない。
ロシアとそれに支援されたシリア政府軍がシリアから
欧米を排除した。
中東で欧米が初めて敗北した。

日本の肩代わりを韓国ができるだろうか。
ムンジェインが何を言おうと具体的に協力するのは
韓国企業だ。
韓国企業の技術力が問われている。

プーチンがいうユーラシア大陸の政治統合に誰が協力するだろうか?
中国が資金を用意しロシアが軍事力を用意する手順にまでは来たがさてその次はという段階だ。
トランプは気がついているようだ。
日本は正念場だ。
イギリス・フランスは焦ってきたようだ。
イギリスは日本に共同の軍事訓練を申し入れいてきた
(笑)。

南北の統一をプーチンが支持している。
トランプは在韓米軍の撤退に前向きだ。
ということは南北の統一は十分にあり得る。

金正恩の思惑はプーチンには通用しないそして
ムンジェインの思惑はトランプには通用しないということが徐々に明らかになっていくだろう。
金正恩とトランプは気が合いそうだ。

南北の住民を代表しているの果たして誰だろうか?

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

安全保障」カテゴリの最新記事