草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

東大出の不祥事相次ぐなか今度は米山新潟県知事も!

2018年04月17日 | 政局

暗記中心の試験優等生がとんでもないことをしでかす。天下り斡旋に手を染め、出会い系バーに入りびたりだった文部省の前川喜平前事務次官も、セクハラ発言で批判を浴びている財務省の福田淳一事務次官も、いずれも東大卒である▼そして昨日あたりから騒いでいるのが、やはり東大を出た米山隆一新潟県知事の女性問題である。すでに辞職する意向を周辺に伝えていたことが明らかになったが、米山に関しては、昨夜の段階でツィートされていた。今朝になって一斉にマスコミ各社も報道している。米山の女性問題を週刊文春が報じるとみられ、新潟県民に大きな衝撃が走っている▼米山は今日の日程を全てキャンセルしているといわれ、追い詰められていることは確かである。原発推進から反原発になったり、自民党から衆議院選に立候補したはずなのに、野党に担がれて知事に当選したりで、何が何だかわからない政治家である。そして今回のことである。電撃的な辞任ということになれば、よほどやましいことがあったのではないか▼試験優等生に欠けているのは、一般的な常識である。民進党や希望の党、さらには立憲党にも、それこそ東大卒は結構いるが、質問などを聞いていると下の下である。共産党は宮本顕治、不破哲三、志位和夫と三代続いて東大であるが、教条主義の典型である。暗記中心の学力テストでは真のエリートは誕生しない。根本から教育を改めるときがきたのではないか。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 妄想で安倍総理を批判する反... | トップ | 安倍総理は早期解散で野党の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政局」カテゴリの最新記事