草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

菅首相は日本維新の会や国民民主党との連立に踏み切るべきだ!

2021年03月15日 | 政局
中共に身構え政治主導の舵取りをするためには、菅首相は政策的に歩み寄れる政党との連立を決断すべきである。自民党内に巣食っている媚中派や、親中派の公明党への牽制になるからだ。今年中に予定されている総選挙後に、日本維新の会、国民民主党との話し合いに入るべきである。その場合でも日本維新の会に関しては、マスコミに出て言いたいことを口にしている橋下徹元大阪府知事は排除すべきである▼立憲民主党や共産党、社民党の左派勢力を少数派に転落させるために、危機打開内閣を組織するのである。公明党が親中路線を改めるならば、ことさら排除する必要はない。立憲民主党は権力の座からさらに遠ざかることになり、選挙協力も共産党と社民党としかできなくなる。支持母体の連合も旧総評系と旧同盟系に分裂し、選挙目当ての保守系などは次々と離党するはずだ▼日本維新の会、国民民主党に大臣ポストを与え、責任をもってもらうのは当然である。ただし、海上保安庁が国土省の外局であることから、国土庁長官は自民党に割り当てるべきだ。政界に太いパイプをもっている菅首相とっては、それほど難しいことではない。我が国は内政外交とも岐路に立たされている。内政においては既得権益を守ろうとする官僚組織をねじ伏せなくてはならない。外交では中共の脅威に対抗しなくてはならない。政治は数であり、連立の枠を広げれば、憲法改正も現実味を帯びてくるのである。

コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 1都3県に出ている緊急事態... | トップ | たかだか7万円の食事接待が... »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
【 国防か? 国柄か? 】 (三角四角)
2021-03-15 18:52:07
 『 菅首相は日本維新の会や国民民主党との連立に踏み切るべきだ! 21/03/15 』

 【 第25回参議院議員通常選挙 日本維新の会マニフェスト
 「創れ、新たな日本のかたち 目指せ、もっと自由で安心な社会」
 #令和維新 2019
https://o-ishin.jp/sangiin2019/common/img/manifest19a.pdf

 3. 教育・子ども支援、女性がくらしやすい社会へ(抜粋)
 ⑬ 同一戸籍・同一氏の原則を維持しながら旧姓使用にも一般的な法的効力を。
 同性婚を認める。 】

 日本維新の会は、夫婦同氏(同姓)は維持しながらも、同性婚(男性同士、女性同士の結婚)を認めている。


 【 THE SANKEI NEWS
 自衛権明確化へ9条改正 国民民主党、改憲案骨子を提示
 2020.11.26 21:40|政治|政局
https://www.sankei.com/politics/news/201126/plt2011260037-n1.html

 国民民主党の山尾志桜里憲法調査会長は26日の党会合で、年内に概要取りまとめを目指す党独自の憲法改正草案の骨子を提示した。同性婚の容認や「デジタル基本権」の創設、首相の衆院解散権制約が柱。9条をめぐっては、自衛権行使の範囲を明確化する方向で議論を進める。9条改正に否定的な立憲民主党との違いを打ち出した(後略)。
 ©2020 The Sankei Shimbun All rights reserved. 】

 国民民主党も、9条改正に積極的で在りながら、同性婚(男性同士、女性同士の結婚)を容認している。

 国防を強化する為に、同性婚を容認する日本維新の会と国民民主党と連立すると云う事は、国防が何より大切な故、異性婚が唯一である日本の国柄を放棄せよと云う事なのだろうか?

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政局」カテゴリの最新記事