草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

面子を保つために「モリカケ」で騒ぐマスコミを嗤う!

2018年05月13日 | マスコミ評

この先も「モリカケ」では意気が上がらないのではないだろうか。「アベガ―」と報道していたマスコミが意気消沈気味である。地上波のワイドショーに出ているコメンテーターも、仕方なく言わされている感じになってきた。台本に書かれている通りにしゃべっているのだろう。安倍総理は何も悪いことをしておらず、印象操作で悪者にされてきたのである▼同じことを繰り返せば、それが真実になると思っていたのが間違いである。いつまでやっても安倍総理や昭恵夫人が関与したという事実が出てこないのに諦めないのは、自分たちの面子がなくなってしまうからだろう。言い続けるしかないのである。まるっきり喜劇である。記憶が定かでなかったからと弁明していた蓮舫あたりが、他人のこととなると、大声を張り上げるのも、茶番以外の何物でもない▼安倍総理を批判する識者と評する人間たちは、感情に訴えるだけで、説得力がまったくない。これから仮に安倍内閣の支持率が上がったなら、「モリカケ」で騒いでいた連中は、一体どんな顔をするのだろう。国民の愚かさを嘲るのだろうか。朝鮮半島情勢が揺れ動いていることもあり、今は安倍総理しかいないというのが国民の大方の意見である。ネット民がコメンテーターをおちょくっているが、それに拍手喝さいし、共感する国民がどんどん増えているのである。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 名刺一つのことで国政を混乱... | トップ | 米朝首脳会談のキーパーソン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

マスコミ評」カテゴリの最新記事