草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

国際法を無視した韓国最高裁の判決は常軌を逸している!

2018年10月30日 | 国際問題

親日的な台湾の人たちと違って、韓国の人たちは日本を敵視している。それが自分たちの利益に合致すると思っているのだろうか。徴用工訴訟に係る韓国最高裁の判決は、あまりにも常軌を逸しており、国際法に照らしてもあり得ない決定である。日本に喧嘩を売ってくるのは、全体主義国家北朝鮮から目をそむかせるためではないだろうか。文在寅大統領がトップである限り、日韓関係が進展することはまずありえないだろう▼北の金正恩に唯々諾々と従っているようでは、韓国の人たちも、必ずや後悔することになるだろう。朝鮮半島の38度線を境にして、これまで南は西側陣営に属していた。言論や集会の自由は認められ、法治国家の体裁を取っていた。しかし、今は違う。軍事政権を批判し、民主化の先頭に立っていた者たちが権力を握ると、軍部以上に法を無視して、やりたい放題である。抑圧されていた者が、必ずしも正義を実現するとは限らず、かえって酷くなる場合が多いのである▼北朝鮮の意を受けた土台人が、政界、官界、マスコミ界に潜入し、ありとあらゆる手段を講じて、自由と民主主義の韓国を崩壊させようとしている。そのためには、日韓を分断するのが不可欠であり、それにまんまと乗せられてしまったいる。このままで韓国の人たちは良いと思っているのだろうか。全体主義の牢獄につながれたいのだろうか。北朝鮮化することを望むというのは、あまりにも愚かである。

にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 

 

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 核武装した全体主義国家の脅... | トップ | NHKの受信料制度の見直し訴え... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
拙者も同感です (HAKASE(jnkt32))
2018-10-30 22:19:34
今晩は。今回も、拙者も同感です。国際法違反の不当判決には、
決して屈してはなりませんね。
恐れながら、今回貴記事をリンクさせて頂きます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

国際問題」カテゴリの最新記事