草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

室生佑月の韓国擁護は時代遅れの岩波文化人の受け売りだ!

2019年09月13日 | マスコミ評

韓国を批判することはヘイトではない。やりたい放題の韓国の今の政府は、誰が考えても常軌を逸している。それを問題にすることがどうしてヘイトなのだろう▼室井佑月というコメンテーターが、わけの分からないことを喚いている。有本香がツィッターで、週刊ポストの「韓国要らない」を袋叩きにしながら、その一方で「日本死ね」の流行語大賞を絶賛した者たちを皮肉ったら、早速、室井が噛みついたのである。「日本死ね」はこの国に対しての批判だから許され、「韓国要らない」は他国を蔑んでいるから許されないのだそうだ。韓国人による日本人へのヘイトの方が過激であるにもかかわらず、それについてはお構いなしである▼室井はテレビ芸人として生きていくために、左翼的なポーズを取っているだけなのである。それがカッコいいと勘違いしているのだ。地上波に出るためには、その方が得策だと思っているのだろう。岩波の月刊誌「世界」を愛読していた、時代遅れの左巻きと大差がないのである▼岩波の社長であった安江良介は北朝鮮の代弁者で、反共であった韓国をファシスト呼ばわりした。「南朝鮮社会の民主化を実現するよう求めている愛国的人士と青年学生を多数逮捕投獄し、野蛮な弾圧を行っている」。そうやって岩波が応援したから文在寅が大統領になり、ここぞとばかり韓国の赤化を進めているのだ。そのために「反日」に徹しているのであり、仲良くなるわけがないのである。そんなことも知らずに粋がって書いているのだから、室井は哀れである。

にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 


コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 韓国擁護派で上意下達の日本... | トップ | 嫌韓の日本国民を愚民と決め... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (omachi)
2019-09-13 23:29:38
お腹がくちくなったら、眠り薬にどうぞ。
歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知ってますか。 グーグルやスマホで「北円堂の秘密」とネット検索するとヒットし、小一時間で読めます。北円堂は古都奈良・興福寺の八角円堂です。 その1からラストまで無料です。夢殿と同じ八角形の北円堂を知らない人が多いですね。順に読めば歴史の扉が開き感動に包まれます。重複、 既読ならご免なさい。お仕事のリフレッシュや脳トレにも最適です。物語が観光地に絡むと興味が倍増します。平城京遷都を主導した聖武天皇の外祖父が登場します。古代の政治家の小説です。気が向いたらお読み下さいませ。(奈良のはじまりの歴史は面白いです。日本史の要ですね。)

読み通すには一頑張りが必要かも。
読めば日本史の盲点に気付くでしょう。
ネット小説も面白いです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

マスコミ評」カテゴリの最新記事