草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

秋惜しみ地酒うつわで呑みにけり

2015年11月07日 | 俳句
お題「今の気持ちで一句。」に参加中!

別冊「太陽」の「竹久夢二」(1977)特集号を手にしながら、会津の地酒を呑んでいます。夢二はあくまでも庶民の味方でしたが、それは主義者のような高慢さはありませんでした。弱い女性や子どもたちに親しげに話しかけた夢二は、女絵の作者であり、美人画の作者ではありませんでした。秋山清が書いている通りです。

 

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ

 

               ←応援のクリックをお願いいたします。

 

 

政治 ブログランキングへ

ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
« やられたらやり返すのがネッ... | トップ | 真実を伝えない紋切り型の新... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

俳句」カテゴリの最新記事