草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

真白なる飯豊連峰 5首

2018年11月27日 | 短歌

真白なる壁となりてみちのくの会津と出羽を画す飯豊は

青空に吸われる白さそのままに飯豊連峰神おわす山

大人への通過儀礼は飯豊山水ごりとり父も登りし

冬を告ぐ飯豊の山を仰ぎけり北に向かって手合わせけり

雪かぶる飯豊連峰望みたる一角の地に墓標並べり

 

 

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 抗しがたい時代の勢いが百田... | トップ | グローバリズムと保守言論の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

短歌」カテゴリの最新記事