草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

陳腐な書き換え内容で朝日新聞の反撃も不発へ!

2018年03月13日 | マスコミ評

またまた朝日新聞が扇動して、日本国民を思考停止にしょうとしている。それにまんまと乗せられるほど、日本国民は愚かではない。今回の森友学園の文書書き換えは、ここにきてようやく全貌がはっきりしてきた。朝日新聞は人間的なコネクションを通じて、大阪地検からその文章を見せてもらったのである。しかし、撮影をすることはできず、あくまでも「確認」と書くにとどまった▼朝日新聞はそのことを野党に流し、安倍内閣を追い詰めようとしたのである。あくまでも書かれていた内容が籠池がの一方的な発言であっても、そこに安倍首相や昭恵夫人、さらには政治家の名前が出てくると、あたかも鬼の首でも取ったかのように騒いでいるのが、今の日本のマスコミと野党なのである▼実際は昭恵夫人の言葉なるものを籠池が語ったり、日本会議と安倍首相との関係が述べられているくだりがあった程度で、何ら関与を疑わせる事実は出てきていない。東アジア情勢が深刻になってきているのに、反日国家の走狗と化して、それに加担する者たちが官僚やマスコミにも巣食っている▼こんなことで私たちは動揺してはならない。なぜこのようになったかを明らかにすることは、反日日本人を炙り出す絶好の機会なのである。日本を守り抜くためには、幾多の困難を乗り越えなくてはならない。朝日新聞ごときのフェイク報道に負けてはならないのである。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 籠池に屈した近財は結果的に... | トップ | 官僚と結託した反日朝日新聞... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

マスコミ評」カテゴリの最新記事