草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

立憲や岩田神戸大学院教授の政府批判はあまりにも胡散臭い!

2020年02月19日 | 感染症

自分の立場を守ろうとすればするほど、馬鹿さ加減を晒すのである。一つは全日空ホテルをめぐる立憲民主の国会での追及である。もう一つは岩田健太郎神戸大学院教授がクルーズ船ダイヤモンド・プリンセスに勝手に潜入し、日本政府を批判する動画をアップしたことだ▼立憲民主などの特定野党は、桜を見る会から始まって、前日の宿泊先にいちゃもんを付け、ホテルニューオオタニが駄目だったので、今度は全日空ホテルでごねているのだ。ホテル側が返答してきた文書と安倍首相の答弁に齟齬があると騒いでいるが、マスコミの記事を頼りにして攻めれば、かえって傷つくのは立憲民主なのである▼岩田教授は楽観論の筆頭であった。2月14日にネットにアップされた毎日新聞のインタビューでは「日本国内の状況は、市民が騒ぐほどのフェーズ(段階)ではありません。普段通りに生活し、外出すればよいと思います。マスクの買い占めや、人の集まる観光地に行かないことに意味はありません。そもそも、マスクを着けること自体に意味がありません」と述べていたのだ。一転して岩田教授が時の人になったのは、クルーズ船での感染対策の不手際を指摘したからだが、過去もあぶり出すというネット民の恐ろしさを知らなかったようだ▼立憲民主も岩田教授も注目を集めたいだけなのである。胡散臭さをすぐに見破るのがネット民である。いくら扇動しようとしても、そう簡単にはだまされないのである。


コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 新型コロナウイルス拡大や蝗... | トップ | 責任論を振りかざし現場を混... »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (詠み人知らず)
2020-02-19 22:08:50
本当にこんな連中まとめてクルーズ船に清掃係として送りたいですね。特に自分の素性を明かさず日本より祖国のために工作員やっている彼女には武漢でのボランティア活動を推奨させていただきます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

感染症」カテゴリの最新記事