草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

「嫌韓本」の件で謝罪の弁を述べたテレ朝の玉川徹を嗤う!

2019年09月12日 | マスコミ評

韓国の文在寅を持ち上げてきたコメンテーターの立場がなくなっている。テレビ朝日の玉川徹もその一人である、玉川は本日の「羽鳥慎一モーニングショー」で、去る5日の「そもそも総研」で放送した内容について謝罪した▼「嫌韓本がなぜ作られて、売られるのかという内容を議論しました。その際に、モニターに本を映したんですけれども、ここに映っている本は、あくまで韓国に関する本とか、文在寅政権を批判する本でした」。週刊ポストの「韓国なんか要らない」という特集号を批判するにあたって、社会的風潮として「嫌韓本」が売れていることを問題視し、何冊かの本を「嫌韓本」と決めつけて電波に乗せたのである。玉川は実際にそれらの本を読んだことなどないのに、悪質な印象操作をしたのである。まさしくフェイク報道の極みではないだろうか▼著者や出版社を貶めておきながら、玉川はその程度で済むと思っているのだろうか。日頃上から目線で偉そうなことを口にしているくせに、あのいい加減な弁明はないだろう。それこそ相手が納得するまで、頭を下げ続けるべきなのである▼玉川といい、青木理といい、まともな掘り下げた議論ができず、我が国を悪者にするのに躍起になっている。今のとんでも韓国を弁護しようとすればするほど、玉川と青木は墓穴を掘って孤立するのである。

にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« トランプのボルトン解任は日... | トップ | 韓国擁護派で上意下達の日本... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (あ)
2019-09-13 17:38:45
バイコク青玉コンビ最強、何もコメントしない鳥
Unknown (あ)
2019-09-13 17:41:02
バイコク最強青玉コンビ

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

マスコミ評」カテゴリの最新記事