草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

クルーズ船以外でも新型コロナウイルスの感染者が次々と判明!

2020年02月13日 | 感染症

クルーズ船以外の新型コロナウイルス感染者が国内で次々と出ていることが、今夜のニュースで明らかになった。もはや他人事ではなくなってきたのである▼東京都内の70代の日本人運転手と和歌山県の50歳の日本人医師、さらには千葉県の20代の男性が感染していた。神奈川県では80代の女性の感染者が国内で初めて死亡した。医師が感染したというのは、あまりにも衝撃的である。先月31日から症状が出ていたにもかかわらず、今月3日から5日までは診療を続けていたというのだから、勤務していた病院名も分かっており、大騒ぎになっている。武漢市に渡航歴がないとすれば、診察していてうつされた可能性が高い▼「日本におけるスペインかぜの精密分析」によると、1918年8月からの1回目は患者数21168398で死亡者数257363名、対患者死亡率1・22パーセントであり、1919年8月からの2回目の患者数は2412097名で死亡者数は127666名、対患者死亡率5・29パーセントであった。当時の日本の総人口は56667328であったから、1回目で37・3パーセントが罹患し、2回目で対患者死亡率が増加したのは、ウイルスが変異したためといわれている▼日本でスペインかぜが拡大したのは医療現場が崩壊したからである。政府がそれを阻止できなければ、同じ悲劇を繰り返すことになる。何度でもいう。事態は切迫してきており、医療と介護の現場に一着でも多くの防護服を届けるべきなのである。


コメント   この記事についてブログを書く
« コロナウイルスの寿命は机や... | トップ | 今我が国はパンデミックにな... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

感染症」カテゴリの最新記事