「会津ジャーナル」遠藤勝利取材メモ

遠藤勝利の取材内容を掲載していきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ご挨拶 遠藤勝利    

2017-08-05 19:11:22 | あいさつ

 同志と共に会津地域の情報紙「会津ジャーナル」を本年10月をメドに創刊するべく諸準備を進めています。取り上げる記事の取材過程で判明した事実関係を「取材メモ」として随時ネットで周知し、皆様と情報をできるだけ共有していきます。  

 調査報道をより確かなものとするため、皆さまの情報又ご意見をお寄せください。ジャンルは問いません。次回から具体的な事例を報告し、住民参加型の情報紙づくりを目指していきます。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
   | トップ | 国会議員が公設秘書から借入... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
貴殿のご活躍を祈念いたします。 (山内義隆)
2018-03-15 12:54:37
当方は大阪市より仕事の都合で会津若松市に妻とともに転居をし、5年目を迎える65歳の会社員です。
当初業務請負という業態で働いておりましたが昨年の6月より同社に委託社員として採用されました。
それまで国民健康保険に加入しておりましたが恥ずかしながら全額を期日通りに収めることが困難であり分納をお願いしておりました。  市民税も同様のお願いをしてまいりましたが昨年の11月末になり妻が脳出血により武田病院へ緊急搬送される事態となりました、 幸い現在は退院をし、自宅にて療養しております。
その間住民税・国保残債分の返済も滞っておりましたが今年の2月になり突然支給年金を市税分として差し押さえの処分を受けました。
私は納税課に出向き相談の上市税と国保税の分納をお願いし誓約書を作成していただきました。
金額は市税分3万円と国保分3万円、合わせて6万円を毎月支払いの分割としていただく事になりましたがその後税金還付金10万円余りを差し押さえした旨の通知がまいりました。
当方としましては収入を勘案して分納をお願いして誓約書を作成したつもりでおりましたが、一方的な差し押さえ通知に誓約書通りの分納予定の目途がくるってまいります。
何のために誓約書を作成したのか疑問に感じております。 この事は誓約書の内容を履行する必要はないという事でしょうか? 今から市役所に出向きお伺いして参ります。
納税は住民の義務であることは重々承知いたしておりますが、やむを得ず遅滞することもあるのではないでしょうか、当方は脱税をするつもりもなくその旨納税課の方にご説明させていただきました上での誓約書作成のはずでした。
「無視していい誓約書なら最初から書かせるな」と申し上げたい。
長々と手前勝手なことをコメント致しました、老人の世迷言だとお許しください下さいませ。
一般人では提供出来ない情報をお知らせする貴殿のご活躍を祈念いたしております。くれぐれもお身体をご自愛くださいませ。

コメントを投稿

あいさつ」カテゴリの最新記事