池田建設:カメさん日記

静岡県で強くて安心!いつでも快適な住まい造りを目指し、重量鉄骨をメインに災害に強い住まいを提案する池田建設株式会社です。

断熱リフォームの効果が想像以上だった話 停電編

2018年12月12日 09時39分33秒 | 木造耐震化リフォーム・リノベーション

こんにちは。

実は、昨晩、我が家周辺が停電していました

私は、受験生息子の用事で東静岡にいて、停電の情報は知らなかったのですが、

旦那から『承元寺が停電している』とのラインが…。

その停電が、30分たっても、1時間経っても、2時間経っても復旧しない

さすがに、今年の台風24号の停電の時のことを思い出しました。

晩御飯は、あらかじめ作っておいたおでん

もともとオール電化だったのですが、家族が多いこともあり、調理器具はガスに切り替えてあり

停電時も使えるガスコンロにしたため、食事は何とかなりました。

昨日は、本当に寒かったのですが、息子と私が帰宅した午後9時半。

なんと、自宅に入るとあたたかい  

無暖房状態の玄関。 

玄関は、ずっと寒い思いをしたいたので、断熱性能をD2というサッシと同じ性能のものに取り換えました。

サッシ屋さんから、 

 『静岡の玄関ドアで、断熱性能のD2を取り付けるのは、池田建設とduckさんくらいですよ』 

と、何度も言われてます。私(笑)

でも、玄関ドアの面積って、実はとても大きい。

ここを、サッシより断熱性能を下げるなんて、ありえないという自論。

でも、玄関の寒い家は多い。我が家も、何かが住んでるかと思うほど、冷え切っていました。

リフォームして、玄関ドアを変えて、思った以上の効果に、

以前の『何かが住んでいるかと思うほど寒かった玄関』は、本当に、笑い話になってます。

 

そしてそして、シツコイですが。

リフォーム後、その玄関がとにかく暖かいを感じている我が家。

16℃。

暖かいわけではないけど、長そでパジャマで十分寝れます。

外の寒さと比べたら、断熱って大事だなを痛感しました。

お風呂は、停電前にお湯はりをしていたので、懐中電灯で入浴。

高断熱浴槽のお風呂。

リフォームしてよかった、何度も実感しています。

 

年内最後の 断熱リフォーム相談階を本社で開催します

寒くて仕方がなかった、我が家。

温度差のバリアフリーとはいいますが…。

本当に、朝起きることも、水仕事をやることも、億劫にならなくなりました。

断熱リフォームをして、補助金や確定申告をすることで、戻ってくる税金対策のお話もしちゃいます

 

duck

 

アイ・ディー・スリーの池田建設

本  社 : 静岡市清水区興津本町192  tel 0120-844-384
静岡 支店 : 静岡市駿河区曲金2丁目3-8 tel 0120-333-271
沼津営業所: 沼津市五月町12-27   tel 0120-333-271

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 重量鉄骨住宅のリノベーショ... | トップ | 幸せの秘密?③ 空気サラサラ... »
最近の画像もっと見る

木造耐震化リフォーム・リノベーション」カテゴリの最新記事