かぶれの世界(新)

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

チョット一休み ラ・ラ・ランドを見る

2018-09-08 16:45:02 | 映画
小雨が降ったり止んだり、外に出ようにも何にもできない、やる気もしない一日。台風に地震などなど、ニュースを見るだけで肩に力が入る日が続いて疲れた。大リーグ中継で大谷君が凄いホームランを打った昼食後、ベッドにひっくり返って映画「ラ・ラ・ランド」を見た。

2-3年前にアカデミー賞を取った映画を、アマゾンの会員に提供する権利で無料で見た。普段は2時間以上のミュージカル映画なんてダブルにかったるくて絶対見ない。ミュージカルは学生時代の「ウェストサイドストーリー」以来50年余り見てない。

だが、今日は何しろ暇だ。半分ウトウトして見たので、粗筋さえよく覚えていない。主演の男女の顔は見たことがあった。所々のシーンが筋道の進行と繋がらないが、90年代に過ごした米国を思い出させてくれ懐かしく思った。それが映画の興味を繋いでくれ、途中で投げ出さないで最後まで見た。

男性の主人公が50-60年代のジャズにはまり込み、ビジネスとして現代人に受け入れらず苦戦するシーンは共感する部分であった。かつてのスタイルのままでは年寄りばかりがお客で将来がないと説き伏せられるシーンは少し胸が痛くなった。高齢者にも無理がない筋立てだった。

主人公の2人が駐車した場所を忘れ広い駐車場を歩き回るロマンチックなシーンではある記憶が甦った。現実はスーパーの老警備員に見とがめられ、訳を説明して一緒に車(カムリ)を探して貰った。小一時間かかってスーパー(セイフウェイだった)の周りを一周してやっと見つけたものだ。

プラネタリウムの幻想的なシーンは府中市の自宅の近くで、サントリー工場に燐接する公園の古いタイプのプラネタリウムを思い出した。すぐ近くの五藤光学研究所の技術を使って作られたものだ。記憶では30年前頃に子供を連れて行き、最近は家内が孫を見学に連れて行ったはずだ。

こうして映画とは関係ないことを思い出しているうちに後半に入り、女主人公が独り舞台に挑戦して失敗する辺りから自然と映画に引き込まれ集中して見た。映画は回想と現実がごちゃ混ぜになって多少混乱したが、最後に微笑を交わして別れて行くシーンになって改めてこれは映画だと気付いた。

私には音楽とか舞台とかどれもこれも踏み込み不足に感じてちょっと物足りなかった。映画の7割は真面目に見ておらず素人と断っても評論する資格はない。多分、何部門もアカデミー賞を取ったというから良い映画なのだろう。少なくとも暇つぶしにはなった。■
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« (迷想)トランプ大統領の最... | トップ | 日本人て、凄い! »

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事