かぶれの世界(新)

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

私的・働きに出る女性

2018-07-14 11:18:49 | 社会・経済
日曜日に長男宅で誕生パーティに参加した時、長男の嫁さんが働き始めたと聞いた。上の子供が小学2年生、下の子が保育園年中組になったのを機会に、週一のペースで働き始めたという。彼女は結婚前に池袋のデパートに出店している外資系化粧品会社の売り子だった。

ナンバーワンの売り子で支店長だったという彼女は、同じ会社に月一でもいいから働いてくれと乞われて、子供がいない時間帯に近くの有楽町のお店で週一のペースで働き始めたという。職場柄お化粧をしてちゃんとした格好で仕事をすることで生活に張りが出来て見るからに元気そうだった。

実は、家内も驚くような仕事を見つけて働き始めていた。近年高尾山口駅内に出来た温泉で週3のペースで深夜清掃する仕事だ。夜10時半に出て行き、朝6時前に帰って来る。そんなハードな仕事を出来るのかと思ったが、彼女は少し腰が痛いと言いながら以前の保育補助より楽だという。

小遣い稼ぎにもなるが、何もしないで家にいるより仕事をする方が良いと言う。私はそれを聞いて直ぐに「止めた方が良い」とは言わなかった。住宅ローンの返済と年金の減額対応で節約させていることもあるが、本人が無理せず生活に張りが出るのならいい、暫く様子を見ようと思った。

我が家の60代後半と40代半ばの女性が揃って働きに出る事態を想像してなかった。だが、我家も世の流れに沿っていた。育児世代の働く女性が75%になり、65-69才の有業率が5年前に比べ7.3ポイント上昇、特に高齢者の就業拡大が目立つと昨日の日本経済新聞は総務省の発表を報じていた。

最後に言い訳。私自身は昨年末に相続した山林田畑を売却し体を動かす仕事は殆どしなくなった。現在はネットや新聞を読み識者と意見交換して、世の中や市場の流れを読み投資判断するのが唯一の仕事になった。外で人と交わり汗をかかないと遊んでいるようだが、自分自身では密度の高い仕事をしていると思っている。■
『家族』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 愛国者のW杯報道 | トップ | 天邪鬼・トランプ大統領評 »

コメントを投稿

社会・経済」カテゴリの最新記事