かぶれの世界(新)

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

熱中症寸前

2018-07-31 16:49:36 | 健康・病気
義弟の誘いで久しぶりに内子町にある馴染みのカフェに行った。お店はいつもと違って閑散としていた。西日本豪雨の後、お客が激減したそうだ。豪雨の為に松山市への観光客の多くがキャンセルし、そこから内子町に足を延ばす人達もいなくなったというのが原因だそうだ。

そこで義弟が気になることを言った。1週間前にコンビニでコーヒーを買ってきてくれ、熱気に包まれた東屋で1時間以上も歓談した。その日は豪雨後でも最も暑い日だったと思う。壁のない東屋は風通しは良いが、風といっても熱風だった。その後、肱川沿いの冷房の効いた喫茶店に出向き昼食代わりにモーニングサービスを頂いた。この日は二人とも食欲が無かった。

彼はその日の夜は体がだるく、頭がボーっとして食欲がなくなった。好きな酒も飲まず早々と寝てしまった。翌日も何もやる気が起こらず家にいたという。東屋で暑さにやられたと彼は言った。これを聞いて私も全く同じ経験をしたことに初めて気付かされた。しかも、私の場合は体調が変だと認識せず翌日も幹線道路沿いを長時間歩いた。

言われてみて初めて体調が優れなかったのに異常だと認識せず、2日目は最後の頃フラフラしながら歩いたことに気付いた。その時はあわや熱中症になる寸前だったとは感じなかった。素人判断というより、自分が危険な領域に近づいていることを全く認識してなかった。

ボーとしていて判断そのものが出来なかった。サインはあった。毎朝チェックしている体重がいつもより1kg減って65kg半ばだった。それだけ体内の水分が減っていたのだろう。毎日のように高齢者の熱中症が報じられているが、自分もその一人になるところだった。

感覚機能の低下だけでなく判断機能も劣化していた。だが、台風12号のコースは外れたが恵みの雨を運んでくれ気温は下がった。今日の室温は27-28度と涼しくなった。体重も3日後に戻った。体調は戻って来たと思う。多分もう大丈夫だ。■
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
« 西日本豪雨後の明暗(続) | トップ | 暑さにギブアップ »

コメントを投稿

健康・病気」カテゴリの最新記事