かぶれの世界(新)

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

やっとピークを過ぎた猛暑

2018-09-06 11:51:49 | 日記
今年の夏は本当に暑かった(一応、過去形)。先月9日に記事「ピークを過ぎた猛暑?」を投稿した時は、それまでのメチャメチャ暑い日から気温が下がり「気温差」を感じて涼しくなったと感じた。だが、それはあくまでも相対的な感覚であり、もっと言えば私の希望的な予測だった。

その後お盆を過ぎ「盆トンボ」の大群が飛び始めても一向に気温が下がらず、寧ろ昼間は35度以上の日が続いた。ここ大洲盆地は湿度が高く気温以上に暑く感じる。でもって「ピークを過ぎなかった猛暑!」を先月25日に投稿した。しかし、今度は本物だと思う。証拠を示そう。

先ず涼しくなったという体感が前提にある。今朝の居間の温度計は22度を指していた。更に客観的な情報として、ココナツオイルが白く濁っていた。容器の注意書きには24度で固形化するというから、その通りになったということだ。もっとも、先月「ピークを過ぎた猛暑?」を投稿した時も白く濁っていたが、2日後に透明な液体に戻ってしまった。

今回は他にも暑さのピーク越えを裏付ける証拠がある。透き通った秋の空に入道雲に代わって「うろこ雲」が見られるようになった。数日前から「シオカラトンボ」を見かけ、昨日は大きな「オニヤンマ」を見た。うるさかったセミの鳴き声が聞こえなくなり、秋の虫らしき泣声が聞こえる。

もう秋?
実はそれほど断言できない。今年の夏は今までの経験では語れない異常な暑さが続いた。今も窓の外を見ると日差しは強く外に出る気はしない。涼しくなったと言っても今日の天気予報も30度を超す。外に出る気がしない。お彼岸に向けてのお墓掃除はもう少したってからにしよう。■
ジャンル:
お天気
コメント   この記事についてブログを書く
« サマータイムはもっと柔軟に... | トップ | (迷想)トランプ大統領の最... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事