ポポロ通信舎

(旧・ポポロの広場)姿勢は低く、理想は高く。真理は常に少数から・・

格安SIMフリーに関心高まる

2015年02月13日 | IT関連

タブレット端末に興味を持ったのが2年前。最初に購入したAD701の使い勝手には、ずいぶんと苦しめらてたもののトドメノ一発、Nexus7は難がなく優れものでした。購買時にWiFiタイプかSIMフリー版が迷った。SIMフリー対応は価格で5千円以上の開きはありました。ただし速度はまだ3G 対応。
日本通信のプリペイドでも3千円以上、通信費は安くはなかった。

2年経ち、端末本体のSIMフリー仕様こそ今も5千円~1万円以上と高めですが、高速のLTE4G対応になりSIMカードのサービス会社数も増え、料金は月額千円以下のコースから始めることができるようになっています。敷居が少し低くなりました。

こうなると一度格安SIMフリーを使ってみたい気になっています。

さて(LTE)SIMフリーの端末機としては、もう一台Nexus7で行くか、それともスマホ型の白ロム機か・・

買う前に、どうするかこうするかと、いろいろと思案し比較するのが楽しいですね。

 

格安SIMフリー超入門 (洋泉社MOOK)
料金を徹底的に安くする!
洋泉社 

  

コメント   この記事についてブログを書く
« NTTが光回線の卸売りを開始 | トップ | 東京三洋製コールドチェーン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

IT関連」カテゴリの最新記事