ポポロ通信舎

(旧・ポポロの広場)姿勢は低く、理想は高く。真理は常に少数から・・

週休5日の隠居生活

2019年06月29日 | 研究・書籍

『20代で隠居 週休5日の快適生活』。著者の大原扁理さんは愛知生まれ東京在住。高校卒業後3年間ひきこもり海外一人生活などを経て現在隠居中。

フリーターではない、ひきこもりともちがう。ハードワークでなくソフトワークで週二日働く「ご隠居」。このようなライフスタイルもこれからの一つの提案ですね。
著者のひきこもりのきっかけも、前回の内閣調査でみたように「仕事」が原因でした。本屋でのアルバイト店員だった時に店のスタッフとのやり取りに憤怒して隠居入りを決意させたとしています。

次世代型の隠居は人里離れたところに住むのではなく都会に住んでいます。
その条件の一部を書かせていただくと
・郊外の小さい安い家賃のアパートに住む
・働くのは週2回(著者の場合は重度身障者の介護業務)
・ケータイ、テレビは持たず(ラジオは愛用)
・社交(交際)せず、人に迷惑かけず・・
こんな感じのザ・人畜無害。

人間関係では「来る者は拒まず」ではなく「来るものはてきとうに拒む」これが極意?
遊びの誘いは断る。趣味は読書と図書館通いというものいい。
20代にしてとても「大人(高齢者)」のイメージです。さすがご隠居さん。
「隠居男子がブームになれば日本の未来はちょっと明るいです」とは辛酸なめ子さん。
「隠居女子」もあって良いようにも思いますが・・

生活レベルは落としても日常に困らない自然な生き方は十分できますね。
若者たちよ、他人の評価は気にせず胸を張ってのんびり行きましょう!!


 

 
こちら週休5日でなく「週休2日節」。子供ばんどの曲。動画41分30秒ごろに収録。
たまの休みさ、ボロボロのウィークエンド、湧き上がるエネルギーじっとしちゃいられない♪ 隠居さんとは対照的なギラギラな休日(笑)

 

実録 子供ばんどの歴史

コメント   この記事についてブログを書く
« 「仕事」が原因で消極生活に | トップ | このままでいいんですか!! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

研究・書籍」カテゴリの最新記事