へなちょこデジタル日記

貧乏怖いものなし

TEAM DAIWA-X 105HiL

2008年12月01日 00時05分51秒 | フィッシング
 
ガラクタの山から発掘された思い出の釣り道具コーナー。まだあったよの第五弾。

今回紹介するのはベイトリール。モノは写真の通り当コーナーではコロネットにつづく2発目のダイワ精工製リール、

TEAM DAIWA-X 105HiL

コイツに関しても前回のシマノのリール&ロッドと同様仲間宅から帰宅組。
以前にも書いた通り10年程前に釣りを一度やめた際、持ってたルアー用具は全て従兄弟にあげていてた筈だったのですが如何も記憶が曖昧だった模様で、一部は自宅物置に放棄していたり従兄弟以外の当時の仲間にもあげていたらしいのです。
このTD-Xもそんな1つでして、わたしがバス釣り復帰したことを他から聞いた仲間から「貰ったリールだけどまた使う?」と連絡が入り久しぶりの帰宅となりました。




かなーり記憶が曖昧なのですが、このTD-Xを購入したのは多分97か98年、止める最後の方に買った1台で一年使ったか使わなかった位のリールだったと思います。最初に買ったMA15LGの次に使ってたジウジアーロデザインのダイワTD(型番は忘れました)が右ハンモデルで、それが左ハンからスタートしたわたしには如何もしっくりこなかったところにこのリールが登場。思わずリアクションバイトしたかったものの流石に小遣いだけが収入源な学生にはすぐ買える筈も無くお年玉貰うまでお預けくらってました。
そんな訳でお金が工面出来てから購入したのですが実はあまり使い易くはなかったリールでした。というのもこのリール、わたしにはデカ過ぎた。ドッチボールでつき指しまくった所為で他人よりだいぶ指の短いわたしにはこのサイズは握りきれなかった。リール後端の部分が出っ張りが邪魔でロッドに取り付けると親指がクラッチに届かないのです。届くように握り直すと今度はキャスティングし辛いしで投げる度に何度も握り直さないといけなくかなり面倒でした。
それとこのTD-X、物凄くクラッチ切れの悪いリールで、かなりの確立でキャスト時にクラッチが戻ってキャストミスになってました。指が届かない所為でクラッチがちゃんとに切れていなかったのか、それともハズレ個体だったのかは判らないのですがとにかく酷かった。これがクラッチレバーが通常位置にあるリールならクラッチに指を掛けたままサミングできるのですがこのリールだとそれがし辛いのです。お陰でロッド破損や高切れが怖くてフルキャスト出来なかったですよ。
そんなあまりいい思い出なかったのでリールでしたので釣りを止める際にアッサリあげてしまいました。序でにあげた相手従兄弟ではないのは従兄弟がシマノ派だったからだったから。書いてて思い出した。



そんなリールがわたしの手元に戻ってきたのは8月あたま。久しぶりの対面でしたが年数経ってる割には意外と外見がキレイ。多少塗装面に亀裂とコバに剥れが入ってるくらい。もともとモノを大事にする奴でしたがきっと彼も使いづらくそして使わなかったのだと思います。ただし見た目はキレイでしたが内部は×でした。
ハンドル廻してみるとスプールの回転もハンドルノブの回りも全てが重々で全身フリクションのカタマリ。試しにハンドルノブをバラすとベアリング錆び錆びで固着してました。
そんな状態ですからしばらくは思い出の品として部屋の飾りとして置いといたのですが、「飾りだって動かないのはイヤ。外観は悪く無いんだし勿体無いよ」とダイワへOHに出したのが八月のお盆のこと。自分で整備してもよかったのですが部品注文して結局直らないと部品代勿体無いですし、それとちょうどちょっと前のルアマガでダイワの整備の記事が出てたので試しにとOHを頼むことにしました。
以来してから約一ヵ月後にリール帰宅。思ってたより軽症だったらしく修理不可にはならずしかっりOHされて見違えるようにスムーズになって戻ってきました。因みに代金は4千円弱。OHは取り合えずお任せコースで頼んだのですが今回はBコースと診断され、それにノブベアリング×2・ドラグのフェルトとドラグカラーの四点の交換部品の代金が入っての金額。古いリールだし修理は無理かなと直るとしてももうちょっと金額掛かるかなと思ってたのですが思いの他安く済んだのでよかったです。
んで、安く済んだ序でに折角なのでと圧縮コルクノブを購入しコスメup。これがまたTD-Xの色と合ってていい感じ。
という感じですっかり良くなったTD-Xですが、でもだからといってまた使うかというとそれは微妙。だってたしかに機械の状態も戻り、見た目も良くなったとはいえ肝心な持ち難さは変わってないんですもん。よく考えたら肝心なわたしの指は昔のそのまんまな訳ですから・・・






Data)PENTAX K10D SMC PENTAX-DA 18-55mm f3.5-5.6AL。55mm プログラムAEフラッシュ0,3補正 ISO1600 WB4700K
コメント   この記事についてブログを書く
« 鯖喰ってよ | トップ | 90万円ですか »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

フィッシング」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事