閑古止利

感じていること

2020/03/25

2020-03-25 | 日記
ここのところずっと家に閉じこもっている。しかし、とりたてた違和感は感じない。
精神的には、ほぼ普通に暮らせる。

人間が生きているのは、地球上の表面というよりは、むしろ、その個人の精神的な内面上なのかも知れない。そんな感じをもった。
この事は、哲学上の認識論にも関係する。
私が生きて認識出来るからこそ、この世は存在する。
私が生きていようがいまいが、この世は存在する。

どちらとも言える。
しかし、一度、私は私の内面でこそ、内面世界でこそ、生きているのだと考えてみることも、何か新しい気づきを与えてくれるように思う。



コメント   この記事についてブログを書く
« 2020/03/15 | トップ | 知性 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事