いかりや爆氏の毒独日記

最近の世相、政治経済について「あれっ?と思うこと」を庶民の目線から述べていきたい。

参院選の勝者は誰? 実は官僚・検察・マスコミとあの国だった

2010-07-14 21:41:36 | 日記

 昨年8月30日の衆院選の結果は、植草氏によれば『日本の歴史上、初めて「民衆の力による無血革命」』が成就したのであると評価していた。

 私は戦後のアメリカ支配からの脱却への一歩が始まるという高揚した気分があった。しかし、鳩山前首相の突然の辞任と共にその思いはガラガラと崩れてしまった。そして後任の菅首相は、こともあろうに昨年夏の衆院選の最大の功労者を「しばらく静かにしていただきたい」と冷たくあしらった

 今回の参院選の勝利者は誰だろうか、自民党は38→51議席、公明11→9議席、みんなの党は10議席獲得した。民主党が敗北したことは明らかだが、自民党が過半数を獲得したわけでもない、勿論「みんなの党」が政権を握ったわけでもない。党派別にみれば、どの党も勝利を治めたわけではない。
 実は、勝利したのは「官僚・あの検察とそれに同調したマスコミだった、そして背後にいたあの国だった」、検察は「してやったり」と笑いを噛み殺しているに違いない。この見方は、うがち過ぎだろうか。

 そもそも今回の民主の敗北は、昨年3月3日の小沢氏秘書大久保隆規氏が逮捕されたことに始まった。この一年余りの間、小沢氏は民主党代表を降り、幹事長も辞任して遂に一平卒になってしまった。挙句の果てに菅新首相に「小沢さんはしばらく静かにしていただきたい」と言われる始末である

 事の始まりとなった昨年3月の大久保秘書の逮捕は、殺人事件のような具体的事件が発生していたわけではない。無論、具体的な被害者がいたわけでもない、具体的証拠があったわけではない。検察側の単なる推測もしくは憶測による恣意的な逮捕であった。検察が警察と違うところは、「検察は、そこに犯罪ありと思料すれば、裁判所の形式的な手続きを踏むだけで、具体的な証拠がなくても誰でも逮捕できる」、つまり司法当局がグルになればどんな取調べも可能な状況を創り出せる、それが冤罪を生みやすい、そうではなくともその人の人格を傷つけ評判を貶めることが可能になる。

 今の検察は、表は正義面しているかにみえるが、少なくとも一連の小沢秘書逮捕を巡る検察の捜査は「主権は国民にあり」とする民主主義の規範に反している。民主主義の基本は国民主権であり、たとえ検察と言えども、予断に基づく捜査は許されるべきではない。しかしそれが現実には、まかり通っているのが今の日本の司法(検察)である。鈴木宗男氏によれば「(検察に)狙われたら誰でもやられる 」というのが現実である。

 はっきり言えば検察の小沢氏に関連する一連の捜査は明らかに検察の政治への介入であり、間違っている。昨年3月3日の大久保秘書逮捕で、一時国策捜査ではないかと疑われた。政府は彼の逮捕が正当なものかどうか「具体的な証拠は何か、逮捕根拠を明らかにするよう」検察に説明責任を求めるべきであった。結局、司法への介入などと非難されることを恐れて鳩山首相が一歩も二歩も引いたがために、非人道的且つ反民主的捜査がまかり通った。司法の独立性の乱用を許せば、官僚(検察)がこの国を支配することになり、日本は民主主義国家とは言えなくなる。

 小沢氏の言う「日本に民主主義を定着させたい」という彼の本音は、官僚(検察)改革ということだったに違いないが、今回の民主党の敗北で遠のいた。また当面の9月の民主党代表選挙を前にして、民意という検察審査会の判断(障害)が待ち構えている。検察審査会11人の民意が何十万人かの選挙によって選ばれた小沢氏への民意が弄ばれる。民主主義の規範からすれば、検察審査会の11人の民意は政治家に対する事件にはなじまないと思うがどうだろうか。一体誰が何の目的で検察審査会の民意を政治家にまで適用するようにしたのだろうか。

 一方のマスコミも本来の仕事は、権力(検察)に対する批判と社会の木鐸であることを放棄し、それどころか検察とねんごろになって「根拠なき政治と金」で小沢氏を徹底的に貶めた。彼ら自身が持つ「官僚機密費」という毒饅頭問題には一切触れることなく、勿論懺悔も反省もなし・・・。


最新の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
東祥三氏・・・ (明け烏)
2010-07-15 05:28:51
久しぶりに東祥三氏の姿を阿修羅掲示板でみたので書く。
東氏はばりばりの創価学会員であったが、新進党結成以来、小沢一郎シンパとなり何回かの落選にもかかわらず民主党党員となって今日に至るそうである。
創価学会(公明党)の人間をそこから引き離すという作業が、如何ほど大変かは1回でも学会の集会に出た方ならご理解いただけるのではないだろうか。傑出した能力の持ち主だけが万分の一の確率でなしうる恐るべき難作業だと思う。しかも東氏は村尾行一氏のように具体的な被害を受けてからの離脱・覚醒ではないのだ。
かつて日教組の幹部であった輿石東氏も知らぬ間に小沢一郎側近となっている。「日教組=悪・無能」というラベリングを撥ね返してのご活躍、これもまた常人のなしうるところではない。常人のなしうるところは「あの野郎、権力欲から節操も捨てて小沢一郎に擦り寄りやがった。日教組上がりは皆、無能のくせに」くらいのやっかみ強く抱く程度であろう。

九月を前にして早くも意気阻喪していたが(皆さんもそういう部分があったかと思う)、希望はまだある。
まったくの後出しですが・・・ (明け烏)
2010-07-15 23:50:21
人気ナンバーワン・ブログを非難するようで気が引けるが書いておく。
「きっこのブログ」の投稿の中でパチンコに関する文章が「パチンコ必勝○イド」に載っていた誰かの文章に似ていると感じたのは大分、前のことである。おそらくHS証券の野口さんが沖縄で惨殺され、きっこ氏の文名、いよいよあがった時であったから数年前であったろうか。
さすがにこれについては世論を憚って書く気にならなかったが、その後、きっこ氏のブログが本にまとめられることになった際、出版社が「白夜書房」であったので吃驚したことがある。元から、きっこ氏のパチンコの文章は十中八、九、男性の文章だと思っていただけに、やはりそうであったかという感想を持った。また私は自分の文章に対する記憶力(だけ)には、相当な信頼を置いている。

生活費がこれだけ足りないから稼いでこようなどと考えてやった博打で勝つことなど、ほぼ有り得ない。個人的に、ついていない人間だったせいか、20歳のときに学校も行かず、働きもせずに妻が妊娠した際に、絶望的な気持ちで花月園に競輪をやりに行って数十万円勝ったのが唯一のケースである。
しかるに、きっこ氏は家賃等が足りなくなると、スーパーマンの如く不足分をパチンコで稼ぎ出している。勘違いする輩が登場するとも限らない。割り引いて読むべきだと強く思う。
危ないぞ、東京都・・・ (明け烏)
2010-07-19 05:39:29
築地市場で、覚醒剤の取引があったというニュースがあった。単純な事故だと思うが、
築地市場の移転をめぐって賛成派・反対派が真っ二つに分かれて争っている事態と何か関係があるかもしれない。
特に石原慎太郎都知事が、移転賛成派だけに、反対派を黙らせる目的で事件を警視庁に摘発させる可能性もありうる。ニュースを鵜呑みにすることは避けたい。

また猪瀬直樹副知事がどこかの雑誌で「東京は水資源を売りにして生きてゆくべきだ」という旨の発言をしていた。東京の「水」が外資に抑えられてしまったら首都が立ち行かなくなる。

とにかく、このご両人の発言(または行動)があったら、その目的は
(1) 自分、または自分の親族を金銭的に利する。
(2) 米国または外資を利する。
のどちらかしか考えられないのだから、裏を考えてみたほうが良いように思う。 
危ないぞイノセ (いかりや)
2010-07-19 19:34:00
猪瀬は胡散臭い、都知事に寄生する害虫、そんのうちボロが出るかも?

竹中氏と共生?寄生した木村剛氏は警察沙汰になった。
パチンコ (いかりや)
2010-07-19 19:37:02
きっこさんですか、彼女は男なんですか(笑)、彼女言うたら女にきまっとるはずやけど・・・どうなっているんですか。

パチンコで損した話や家庭崩壊の話しは聞いたことあるけど・・・>きっこ氏は家賃等が足りなくなると、スーパーマンの如く不足分をパチンコで稼ぎ出している。

うーん、だから、彼女にとってパチンコは 「やちんこ」っつーんだべなー。

とりあえず一安心・・・ (明け烏)
2010-07-22 10:35:58
昨年の春まだ浅きころ、近くのファミリーレストランに朝、コーヒーを飲みにゆくと当時は落選中の民主党・K江田候補に会った。誰にでも気軽に話しかけるという厚かましい性格なので「K江田さん、今度は晶子の孫に勝ってくださいよ」と言って、二人で暫し話しこむことになった顛末は高橋博彦先生の「神州の泉」に投稿させていただいた。話題は小沢党首(当時)の辞任問題が主であった。
その後、「神州の泉」に投稿したものをK江田候補の事務所に送っておくと(図々しいな~)、秘書のかたから「K江田も読ませていただきました。ありがとうございました」という丁重なお礼のメールがきたので驚いて、赤面した。
更に衆議院選挙の前には「辻説法」で2回、お目にかかり握手をした。2回目は選挙戦の真っ最中で日焼けした顔が非常に精悍に見えた。一方、自民党(当時)の晶子の孫氏のほうは顔面蒼白、投票の前にポックリ逝ってしまうのではないかと疑われたので勝敗は決したと思った。

K江田氏は選挙で圧勝。安堵の胸をなでおろしていたところ、今年の民主党クーデターで新たな心配事が生じた。K江田氏が菅直人や千谷、枝野、前原等についたらどうしようというものである。情報に疎いので不安は募るばかりである。まさか事務所に電話して「K江田さんは小沢シンパでしょうか?」と訊いてみるわけにもゆかない。

最近「小沢一郎の最終戦争」という本を読むとK江田氏は親小沢派として好意的に書かれていた。また週刊誌では、この方の名前が「小沢サンフレッチェ」として原口一博氏、細野豪志氏とともに取り上げられ、小沢一郎氏の代わりに首相になるような話もあった。まずまず一安心である。あとは9月12日を待つしかない。
革命商人・・・ (明け烏)
2010-07-22 12:32:45
息子に読ませようと深田祐介著「革命商人(上下)」をネットで購入した。渡す前に読み返してみると末尾の、

「ただインドネシアにおいてきた、二匹の犬のことばかり心配していて、犬の名前をときどき呼んだはります。リカルドと、もう一匹はなんというたかいな」
 坂部は衝撃を受けて、男の顔を凝視していた。ちょっとためらって下唇を舐めたのちに、
「クラウディアか」
と訊ねた。

この部分を読むと、涙が溢れて止まらなかった。大分、歳をくってきた証拠だろう。さらに何故か、勝手に想像している、いかりや師匠の顔が浮かんでくるのは困りものである。煙草を無性に吸いたくなった。
とりあえず一安心・・・ (いかりや)
2010-07-24 13:16:45
明け烏さん、

文中、K江田氏→海江田氏として、本文にとりあげます。海江田で不都合あれば・・・連絡ください。
いかりや爆師匠へ (明け烏)
2010-07-24 13:29:49
結構です。海江田と直してくだされば助かります。

「千谷」も「仙谷」に改めておいてください。

また、この文は「海江田万里」事務所にも送ってあります。本当に厚かましく人間が出来ていますから。

海江田さんが首相になったら、総理大臣に気安げに声をかけた男として歴史に残るかもしれません。無論、身の程知らずとしてですが。

コメントを投稿