いかりや爆氏の毒独日記

最近の世相、政治経済について「あれっ?と思うこと」を庶民の目線から述べていきたい。

小沢一郎「政治とは生活である」、アメリカに狙われる小沢氏?

2010-06-20 21:05:37 | 日記

明け烏:
 養老孟氏の名著「バカの壁」の中で私が唸ったのは、何故、多くの優秀な若者がオウム真理教のようなイカサマに易々と引っかかったのかを解説した部分であった。教祖の麻原は、ヨガだけはかなり真面目にやった。従って、どの位の期間、どの程度の修行をすれば、どういう反応が起きるかを知っていたため、これを弟子たちに追体験させることが出来た。「身体」というものを全く忘れた現代の青年たちが、これに驚いて一遍にオウムの信者になってしまったというくだりである。

 政治家の意識と選挙の関係もこれに似たところがあるのではないだろうか。毎日々々、辻立ちを50回こなし、聴いてくれた方々に心を込めて握手をしていると、やがて政治家とは何をすべきなのか、そしてその地域の人々が何を政治に望んでいるのかが、身にしみて分かってくるのだろうと思う。候補者自らが覚醒して本当の政治家になってゆくというわけだ
 現在、小沢一郎氏が行っている「どぶ板選挙」は師匠である田中角栄氏直伝のものだと言われる。田中角栄氏は、「辻説法5万回、戸別訪問10万軒をやりなさい。どれだけ人数が少なくとも自分の考えを語り、心を込めて名刺を渡せ。そうすれば当選できる」と言ったそうだが、これは選挙当選のテクニックを語ったものではないと思うのだ。

 きっとこれをやって初めて「政治とは生活である」ということが実感できるという含意を併せて弟子たちに伝えたかったのだろう。日本史上、5本の指に入る政治家であり、人間通であった田中角栄氏は、若いうちからこのことに気付いていたに違いない。
 最近のマスコミは言うに事欠いて、小沢一郎氏のことを「選挙だけは上手い」とか「ただの古い選挙屋」だとかあざ笑っているようである。しかし私は、小沢一郎の教えを忠実に学び、必死に「どぶ板選挙」を戦った、太田和美氏、福田えり子氏、青木愛氏などの小沢ガールズの方々は、きっと何かを掴み、「政治家」としては前原誠司をはじめとした七奉行よりも遥かに上に達していると考える。政治や選挙に古いも新しいもない。ところが、頭の中が既成概念で凝り固まっている前原誠司、野田佳彦、枝野幸男らとマスコミ首脳部だけが、あんな学歴もない(またはキャバ嬢をやっていたような)馬鹿よりも自分たちの方が政治家としての素質があると本気で信じているところに悲劇と喜劇があると考えるのである。

いかりや:

 毎日々々辻説法50回をこなし聞いてくれた人と握手を繰り返すことは、言うは易く行うは容易ではありません。「政治とは生活である」という信念なくしては、毎日これほど辻説法を繰り返すことは不可能であろう。選挙こそ民主主義の原点ですが、壇上から立派なことをしゃべるよりも、庶民の目線で辻説法を何千何万もこなすうちに、庶民の気持ちを肌で汲み取ることができる。「どぶ板選挙」に勝るものはない。
 菅、仙谷、前原、野田、枝野ら庶民いじめの消費税アップ論者は、いずれ正体がバレて国民から捨てられる。ずるい彼らは立会い演説では、庶民に嫌われる消費税アップは一切口にしないにだろう。

 小沢氏の当面の最大の敵は検察とマスコミであるが、アメリカの娼婦に成り下がった菅氏には、検察は手をくださないだろう、マスコミも小沢氏のときのように菅叩きをすることもないだろう。
 検察官僚は最悪だが、検察単独ならまだ許せるが検察に同調するマスコミ評論家は、毒饅頭は食べるし腐敗物に寄生する蛆虫以下になりさがっている。

 以前に蛆虫の代表誌である文芸春秋はもう読まないことにしていると書いたことがありますが、近所のコンビニに行ったついでに、文芸春秋7月号を立ち読みしたら、買う気になってしもうた(苦笑)。「国家の品格」で話題をよんだ藤原正彦氏が『一学究の救国論 日本国民に告ぐ』と題した論文が掲載されていたので・・・。
 彼の言っていることにすべて賛成しているわけではありませんが、最初の部分の彼の嘆き節とその他さわりの部分を少しだけ紹介しましょう。

 日本が危機に立たされている。何もかもうまくいかなくなっている。経済に目を向けると、バブル崩壊後二十年近くにもなり、その間ありとあらゆる改革がなされてきたがどれもうまくいかない。グローバル化に沿った構造改革も社会を荒廃させただけで、デフレ不況は一向になおらない。財政赤字は世界一となり、なお増え続けている。一人当たりGDPもどんどん低下するばかりだ。失業率は増え続け、自殺者数はここ十二年間毎年三万人以上を記録し、世界トップクラスの自殺大国となっている。

 政治に目を向ければあいかわらずの「政治と金」ばかりである。自国の防衛さえ自らしようとせず、アメリカへの屈従と引き換えに防衛を請う有様である。とても独立国と言い難いから、中国の首脳にいみじくも「アメリカの妾国」と呼ばれてしまう。・・・・・・・・・・・・。

アメリカによる巧妙な属国化戦略

 いかにして日本人は祖国への誇りをかくも失ったのだろうか。もちろん戦後のことである。
 終戦と同時に日本を占領したアメリカの唯一無二の目標は、「日本が二度と立ち上がってアメリカに歯向かうことにないようにする」であった。それは国務省、陸軍省、海軍省合同で作成した「日本降伏後における米国の初期の対日方針」に明らかである。そのために・・・・

魂を空洞化した言論統制

 実はアメリカが日本に与えた致命傷は、新憲法でも皇室典範でも教育基本法でもなかった。占領後間もなく実施した、新聞雑誌放送映画などに対する厳しい言論統制であった。 終戦の何年も前から練りに練っていた・・・・。

 昨夜はサッカー、オランダ戦を観戦したかったが、9時からのNHKスペシャルを優先した。 「沖縄返還密使・若泉敬 日米外交戦の舞台裏▽孤独と絶望▽核密約の代償▽国家機密公表後の壮絶な死を視た。

 沖縄返還のために全身全霊を傾けた彼が、日米双方にとってよかれと思って主張したことが狡猾なアメリカ外交に利用されて、沖縄米軍基地返還を困難にしたのではないかと悩み、壮絶な死を遂げた。

 鳩山氏も、菅首相も所詮卑屈な媚米派にすぎない、国民の声よりもアメリカの言いなりになった。国民はいつまでたっても浮かばれない。

 アメリカにとっては小沢氏は危険人物であるに違いない。小沢氏だけは、梃子(てこ)でも説を曲げることはないだろう。米国の言いなりにならない小沢氏をアメリカはどうしても追い落とさねばならないのだろう。今後も小沢氏が重要な鍵を握っているが、小沢氏の身を案ずる。


最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
明け烏 (11PMと洗脳・・・)
2010-06-20 22:42:31
この番組が世間に認知されて評判になり始めたのは、私が中学生に頃であったからもう40年以上前のことだ。
何故、11PMがあれほどの視聴率を稼いだのかといえば、それがヨーロッパ、特にスウェーデンの「フリーセックス」を報じることを初期の売りにしていたからであった。
これが本当にスウェーデンの真相であったのかは、かなり疑わしいが「性」に逼塞した若者の間に蔓延していた「性の値段のダンピング」への憧れによって急速に日本人の性道徳を破壊させ、ひいては家族制度の崩壊を導いていったのではないか。まだ日本人の中に「傷物」とか「日陰者」という概念が残っていた時代であった。
更にこの「フリーセックス」の風潮を助長した事件としてアメリカにおける「ウッドストックコンサート」があったと思う。映画にもなった。
ロックミュージックの流行とともに本邦の性意識はあれよという間にアメリカ的になっていったように記憶する。

今更ではあるが「11PM」がポダムの放送局の番組であったことは感慨深い。大元のシナリオを書いたのが誰だったのかは不明だが、結果として日本社会のノルムの破壊を招来しているのは、間違いない。
余談になるが、この番組を初期からプロデュースしていたのは、かつての500円札に載っていた明治の元勲の孫であるI倉氏であった。さすがに名門の子弟らしく進取の気性に富んだ風流人であったが、マリファナ吸引事件で同局を追放されている。
経済・社会・政治の同心円モデル (桐野昭二)
2010-06-24 08:15:54
同感。 ヒト・モノ・カネの黄金三角形
<自然の摂理>

生活文化と技術文明・市場経済


<人間の絆>

家族・共同体・国家と社会の仕組み


<文化社会の秩序>

政策・制度の働き

ヒト 人間優先で生活スタイルを変革し、自助の家族、共助の地域・企業、公助の政府社会を再構築。
モノ 現場主導の自然と人間を活かし・つなぐ技術開発で、環境と生活経済主軸、品目・産業の均衡・連関・集積の利益重視、地産地消と国産優先の互恵経済に転換。
カネ 域境課税と関税を含む税制改革で内外価格差を調整し、最低賃金・生活保障が下支えする政策価格の体系を樹立。また内外経済を結ぶ
新機軸通貨を創設し、固定相場制の国際通貨体制を構築。
ありがとうございます (いかりや)
2010-06-25 14:22:56
桐野昭二様

その道の先達のコメント投稿、心より感謝申し上げます。先生のブログも拝見いたしました。

私の考え方に近いものを感じ心強く思います。

>カネ 域境課税と関税を含む税制改革で内外価格差を調整し、最低賃金・生活保障が下支えする政策価格の体系を樹立。

昨日の日記で触れましたけれど、内外価格差は日本は欧米諸国に比べて、常に2~3割、割高です。それだけ日本人は目に見えない税金を払っていることを意味します。

これ以上消費税を国民に負担させるのは間違っています。

内外価格差から判断すれば、日本円はせいぜい130~150円くらいが妥当なところだと思います。
これも本ブログで述べましたが、日本の食料自給率が40%くらいしかないのは為替レート(円高)によるものであり、円高を放置(市場まかせ)するかぎり改善する見込みはありません。

>新機軸通貨を創設し、固定相場制の国際通貨体制を構築。

「金で金を売り買い」する現在の変動相場制は異常です。また他国通貨(USドル)を機軸通貨とすることは、基本的に間違っていると思います。
 ただし、EU圏のように単一通貨ユーロ一本にすることは問題だと思います。今回のギリシャにみられるようにそれぞれの国の経済事情があり、それぞれの国の経済事情に応じた柔軟な経済対策が採れない。

ギリシャの対策としては、ただひたすらに緊縮財政を採るしかありません。緊縮財政一本やりでは、経済発展は見込めない。
暫く切るべし「史観論争」との縁(えにし) (明け烏)
2010-06-29 00:41:22
藤原正彦氏の文芸春秋掲載「日本人に告ぐ」を読んだ。東京裁判による日本人悪玉説の刷り込みが余りに凄まじかったので、日本人は自分たちが悪いことをしたと思い込み、
戦後の自虐史観、または対米従属一辺倒になって今や民族の誇りすら喪われてしまおうとしている。しからば日本人よ、自信を取り戻せ、というどこかで見たような論調であった。また明らかにユン・チアンの「マオ」のコミンテルン観が用いられている。

では、現在のような一億徹総洗脳愚民化による米国の言いなり状態は、東京裁判における贖罪史観からのみ発生したものであろうか? 私は違うと思う。
第一にマスコミを支配下に置くことにより、情報を寸断し自国(アメリカ)の都合の良いように誘導していった米国の支配政策が非常に巧妙であったこと。しかもこれは日本人の苦手な五十年単位の長期計画であった。
第二に日本人の明治以来の欧米コンプレックスが、これを受け入れやすいものにしたためアメリカの政策が齟齬なく、運んでしまったこと。
の二点を忘れてはならない。民族の意識が一朝一夕に変わることはないはずだ。僅かずつ僅かずつ、情報を刷り込んで何十年という歳月をかけねば不可能だろうと思う。

実は、これを無視した田母神氏のエッセイや藤原正彦氏の論文の弱点がここにある。東京裁判史観が完全なる間違いであったとの主張をするためには、戦前の日本の完全善玉説、そしてコミンテルンと米国の完全悪玉説の両方を証明する必要があるのだ。
歴史的事実など甲論あり乙論ありで皆が勝手に唱え始めたら切りがない。誰も史実を実際に見たわけではないし、資料といえども捏造したものあり、意識的に不都合な部分を削ったものありで、何が嘘やら真やら判別できないと考えるのが、正確なところだろう。

そして東京裁判史観完全否定論は戦前の陸軍を中心とした軍部独裁政治を肯定せざるを得ないため、ここに似非右翼、暴力団系右翼、ネット右翼、宗教団体系右翼などを巻き込み収拾のつかない事態となっている。そしてこれらの者を嫌悪する同じ「独立派」の心ある人々の分裂を惹起しているのだ。これでは米国の思う壷ではないか。

我々が今、せねばならないのは「東京裁判史観」と「米国隷属」との直結を暫く忘れて、つまり戦前の歴史的事実を口角泡を飛ばしながらの正否論争に熱を入れるのではなく、次の事実を確認することである。

第一に、首都東京の完全制圧と、日本軍の瞬時殲滅可能な米国軍が常駐している以上、日本は真の意味での独立国ではない。植民地である。だからこそ米国は好き放題に日本の富を収奪しているということ。

第二に、上記のような事態を招いたのは、戦後五十年、たゆむことなく継続されてきたアメリカの情報工作によるところが大きいこと。

第三に、現在の日本の政治家たちも、飴とムチを使って米国情報機関に完全にコントロールされていること。無論、マスコミは米国に利する情報だけを流しているのも忘れてはなるまい。

第四に、しからば、このアメリカの頚木を少しでも軽くして畳みの目一つずつ離れてゆくためには、どのような政策を採っていけばよいかを「独立派」が小異を捨てて大同について考えること。

購読を止めた「文芸春秋」を750円で買ってしまったことを後悔して書いた。

コメントを投稿