いじめを許さない教師の会

世の中から「いじめ」を撲滅し、地球的正義の実現を目指す教師の会です。2007年6月24日に始まり、現在も活動しています。

世の中では何事においてもピラミッド型になる

2018-03-31 15:37:03 | いじめ・教育
 有名進学校へ行って、学業で自己実現ができなかった人、つまり、自分をほめてもらえなくなった人は、たいてい、次はスポーツに手を出して、「スポーツのほうで何とか自己実現ができないか」と考えます。

 そして、スポーツのほうでも駄目な場合には、その次に、音楽系統へよく行きます。バンドなどをやりはじめ、音楽系統のほうで憂さ晴らしをしようとするのです。

 だいたい、流れはそうなっています。

 ただ、音楽系統へ行くと、ドラッグなど薬物系に手を出す人がかなり多いのです。

 そのあとは、また自殺問題が出てくることもあります。音楽系統においては犯罪や自殺がよくあるのです。

 したがって、「自分は他人よりも何かにおいて必ず上でなければいけない」と考える性格は災いです。「普通のレベルでもよいし、普通より下でもかまわない」という気持ちがあっても、よいのではないでしょうか。

 世の中では、何事においても、必ず、上は少なく下が多いピラミッド型になるのです。勉強でもピラミッド型になりますし、野球でもそうです。高校野球でも、甲子園で頂点に立つのは一校だけで、あとの数千校は頂点には立てません。スポーツでも必ずそのようになるのです。

 音楽やその他のものでも同じです。歌手であろうと、演劇をやろうと、絵を描こうと、必ずピラミッドになります。どうしても、上は少なくて下が多くなるのです。世の中は、そういうものです。

 「他人との競争で自分が勝利しなければ、世をはかなんで自殺する」というのは愚かなことです。そういう人生観からは早々に卒業してください。

(「生命の法」第二章 自殺を防止するためには 第三節 学業以外にも生きる道がある 大川隆法著より)

いじめを許さない教師の会 会長 後藤克彦

コメントを投稿