飯山市公民館

☆飯山市公民館のブログです。 公民館事業をはじめ、飯山市の様々な話題をお届けします。

山を歩こう!!~鷹落山登山、長峰と常盤田んぼを眺めてみよう~

2020年10月27日 | 常盤公民館

10月25日(日)に開催された常盤公民館、「山の学習講座(山を歩こう!!)」には、

小学生を始め、29名の参加者があり、お天気にも恵まれて大変有意義に

行われました。

             

当日はハンググライダーも飛んでいて、皆さん大はしゃぎでした!

サブタイトルにもあるように、鷹落山は地元の山ですが、なかなか登る機会がなく

今回行ってみてわかったことは、飯山に住んでいても、なかなか地元の山を知らない

ということです。

自動車では行ったことがあっても、いざ自分の足で歩いて登る機会がないので、

とても新鮮でした。また頂上から見る長峰と常盤田んぼは上から見る機会がない

のでとてもよかったです。

大倉崎~上野地区や戸狩の長峰寄りの風景、常盤小学校も見えて、子ども達は

大喜びでした。

コロナ禍ではありますが、屋外でこのような講座が開催できて本当によかったです。

コメント

見よう!学ぼう!集まろう! 学びのエリア 秋まつり

2020年10月02日 | 本館

10月3日(土)・4日(日)は、飯山市公民館・美術館・図書館・女性センター未来・ふるさと館・文化交流館なちゅらを会場として、学びのエリア秋まつりが開催されます。

公民館では、利用団体の皆様による力作の作品が展示されます。

図書館は、本のリサイクル市(入場制限があります。)、おかしつり、本のビンゴなどの開催。

美術館は、ギャラリー展として河野文夫展、クイズ「答えは作品の中」の開催。

女性センター未来は利用団体の作品の展示やミニ体験講座を開催。

ふるさと館では、企画展の高田瞽女展、昔の遊びコーナー、クラフト体験の開催。

なちゅらでは、スタインウェイを弾いてみよう、地震を体験してみよう、サックスアンサンブルE7SSライブ、なちゅら利用者の発表会の開催。

その他、飯山小学校5年1組の羊のまくしショップの開催。4日のみです。おさるさんのビデオコーナーもあります。

詳しい内容は、市報飯山9月号または下記チラシをご覧ください。

 

 

コメント

第41回飯山市青少年芸術祭の開催について

2020年09月11日 | 本館

今年度の青少年芸術祭は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため展示部門のみの開催となります。

飯水地区の小中学校の児童の皆様の力作を是非ご覧ください。

期 日 令和2年10月24日(土)~25日(日) 両日とも午前9時~午後5時

場 所 飯山市公民館 2階 講堂

例年、開催しています舞台部門につきましては残念ながら新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止となりました。

 

 

 

コメント

第36回 日本画水墨画展 開催のご案内

2020年09月04日 | その他

今年も会友の日本画、水墨画の力作が展示されます。皆様方にひろくご覧いただきたくご案内いたします。

期  日 令和2年9月11日(金)~13日(日)午前9時~午後5時  最終日は午後4時までです。

場  所 飯山市文化交流館 なちゅら  多目的ルーム1

なお、会場では新型コロナウイルス感染予防対策として手指の消毒、マスクの着用、3密を避けてのご鑑賞にご協力ください。

 

 

コメント

後期成人講座の受講生募集のお知らせ

2020年09月01日 | 本館

飯山市公民館では、気軽に取り組める趣味ゆ、学習機会の場として成人講座を開催しています。

趣味作りや健康増進、交流の場作りなど目的はさまざまです。

みんなで楽しく学びませんか。

今回は、6講座の募集です。

いちから始める革細工講座、初級ギター講座、クラフトコードで作るかごバック、簡単エコバック、免疫力アップ、干支あみぐるみ 

以上

受付期間は、8月24日~9月16日。

詳細は、チラシをご覧ください。(飯山市報8月号にも掲載しております)

対象は、飯山市内在住もしくは市内に勤務する方となっています。

新型コロナウイルスの情勢により、中止とさせていただく場合があります。

お申し込み・お問い合わせは、飯山市公民館0269−62−3342まで。

 

コメント

「水梨子沢カタクリ鑑賞会&勘助山古墳学習会」中止のお知らせ

2020年04月03日 | 秋津公民館

4月19日(日)10:00~市公民館と共催を予定しておりました

「水梨子沢カタクリ鑑賞会&勘助山古墳学習会」

コロナ感染予防の為中止といたしました。

参加予定をされておりました皆様方には大変申し訳ありません。

また来年ご参加をお願いいたします。

コメント

[中止のお知らせ]令和元年度 飯山雪国大学文化講演会『正受庵を気にかけた山岡鉄舟と高橋泥舟 その生涯と禅修行』

2020年02月25日 | 公民館長

令和2年3月7日(土曜日)に開催を予定しておりました、飯山雪国大学文化講演会「正受庵を気にかけた山岡鉄舟と高橋泥舟 その生涯と禅修行」は、

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、中止させていただくことになりました。急な中止となりましたことをお詫びいたします。

 

ご参加を予定されていた皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解の程よろしくお願いいたします。

コメント

令和元年度 飯山雪国大学文化講演会

2020年01月22日 | 本館

令和元年度 飯山雪国大学文化講演会

『正受庵を気にかけた山岡鉄舟と高橋泥舟 その生涯と禅修行』を開催します。

 

山岡鉄舟、高橋泥舟、二人の仏教との関りから正受庵の再興について、幕末維新史の歴史学者 岩下哲典氏が探ります。

◯講師紹介

東洋大学文学部史学科教授 岩下 哲典 氏

プロフィール −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

長野県塩尻市出身の歴史学者で専門は幕末維新史(情報活動史)。

【著書】 「高橋泥舟―高邁なる幕臣」、「江戸無血開城―本当の功労者は誰か?」他多数

 

◯日時

2020年3月7日(土) 14:00~(開場13:00)

 

◯会場

飯山市公民館 講堂

 

◯問合せ先

飯山市公民館 0269−62−3342

コメント

年越しそば講習会&試食会

2019年12月10日 | 瑞穂公民館

瑞穂公民館の、年末恒例行事として定着したそば打ち講習会を開催しました。

12月7日(土)に、丸山富治さん(福島) 小林高則さん(福島) 岸田幸雄さん(柏尾)の

3人を講師としてお招きし、行ないました。

「二八そば」の参加者はそば粉400gに対し小麦粉100g、水250ccを準備し、いざこね鉢の前へ。

最初の「水まわし」が肝心と教わったものの、暖房で感想気味の室内ではなかなか上手くいきません。

講師の方をお呼びしては硬さをみていただきながら、丁寧に作業をすすめていきました。

伸ばす工程では、初めてそばを打つ人からは、「生地が硬い(やわらかい)」「粉(水)が足りない。」

などの声が聞こえてきました。

         

         

         

「富倉そば」にチャレンジした参加者は、売れそうなほど整った、美味しそうなそばに仕上がっていました。

試食会は「二八そば」と「富倉そば」を食べ比べたり、切れてないそばに笑ったりしながら

大いに盛り上がっていました。

不器用ながら自分で打ったそばにお腹いっぱいになり、お土産にそば湯もいただき、

大満足のそば講習会&試食会となりました。

コメント

しめ縄を作ろう

2019年12月09日 | 外様公民館

外様地区社会福祉協議会主催の「しめ縄づくり」が、公民館、育成会、更生保護女性会の共催で128日(日)開催されました。

講師に春日紀男さん、春日正英さんをお迎えし、夏の間に刈り取って乾燥させておいたスゲを使い、最初に作り方のお手本を見せていただきました。

左から春日正英さん、春日紀男さん

その後、自分たちもスゲの前に座り込み、お手本で見たように縄をない始めました。

こんな感じになります。

このように麻ひもでしばります。

まずはスゲを2、3本とり、切り口をそろえていきます。それを何回もくりかえし、束にして麻ひもでしばります。

次にその束を3等分し、1つずつ両手をこすりあわせるようにして縄をなっていきます。

足で踏んで束を抑えたり、ひざではさんだり、両手両足をフル活用して縄をなっていきました。

毎年参加しているベテラン勢は、手際もよく、お店で販売されているような見事なしめ縄を作り上げていました。

小さな子どもたちもスゲで手を切らないように気を付けながら切り口をそろえたり、おさえたりして、親子で立派なしめ縄を完成させることができました。

玄関用のアレンジしたしめ縄は、細い分作りやすく、「最初はクリスマス用にヒイラギを挿して、次は松にかえて長く楽しめるね!」という声も聞こえました。

自分なりにリース型にして、「これ、なかなかいいよねぇ?」と見せ合ってる参加者もいました。

その後の昼食会では、更生保護女性会の皆さんによるおにぎり&豚汁をいただきながら話もはずみ、子どもからベテラン勢まで総勢70名を超える大イベントは大成功となりました。

豚汁とおにぎりを作っていただきました

みんなで「いただきます!」




 

コメント

ふれあいバスハイク

2019年11月13日 | 外様公民館

外様公民館の秋の恒例行事の一つ、「ふれあいバスハイク」が、地元小学校の振替休日となる1111日(月)に開催されました。

今年は山梨県富士山のふもとにある湧水で世界遺産となっている「忍野八海散策」と、山梨県のお土産で有名な「桔梗屋信玄餅工場の見学」という2本立てで行いました。

下は小学2年生から上は80歳を超える大先輩までの総勢17名で、朝7時バスに乗り出発しました。

参加者全員、山は見慣れているのに、裾野が美しく広がりうっすらと雪化粧した富士山が車窓から見えた瞬間、思わず拍手がおこったり、休憩した公園の紅く染まるモミジの写真を撮ったりと、道中も楽しみました。

河口湖畔のモミジ

忍野八海は富士山に降った雪が地中から20年かけて湧き出るいくつもの泉のことで地区内に有名なもので8つあり、青く清らかな水がこんこんと湧いていました。

もちろん冷たく、飲めます

観光客でにぎわっていました

水深8メートル!底まで見える、青く透明な水でした。

滞在時間中に8つの池をすべて回った強者の参加者もいました。

次の桔梗屋信玄餅の工場見学では、機械と人の手による流れ作業で、あっという間に箱詰めにされた信玄餅ができていました。

黒みつのボトルがいっぱい

手作業で1つ1つ、包みます。ものすごく速い!!

自分で信玄餅の包装ができる体験コーナーでは、1辺20センチほどのナイロン風呂敷で1人分の信玄餅を包みます。

指でおさえ本結びし、爪楊枝をさします。それを4つ箱に詰めできあがり!

「さっき見たおばちゃんたちみたいに、速くできないよ~」

子どもたちもうれしそうに自分で包装した信玄餅をお土産にしていました。

帰り道の高速道路では雨模様になりましたが、バスの網棚には大小様々なお土産の袋が並び、無事に活性化センターに戻ってくることができました。

晩秋の一日、大満足のバスハイクとなりました。

さて、来年はどこに行きましょう?


コメント

第69回外様地区文化祭

2019年10月31日 | 外様公民館

第69回目となる外様地区の文化祭が、10月26日(土)前夜祭、27日(日)文化祭という日程で開催されました。

台風19号の影響で、様々な行事が中止され、文化祭の開催についても賛否両論ある中、外様地区では開催の方向で準備が進められました。

26日の前夜祭では、市の駅伝大会は中止になりましたが、皆勤・精勤賞等の表彰や、この日のために練習してきたかわいらしい子どもたちの演劇、音楽、落語などが披露され、会場は和やかな雰囲気に包まれていました。

前夜祭 中曽根劇団による「和尚さんと小坊主」 タヌキがかわいい

27日文化祭当日は、屋内外で様々な催しや展示が行われ、生け花の前でじっと立ち止まって作品を見つめる女性や、「ほら、これ僕の絵!」と自分の絵を親に自慢する子どもの姿などが見られました。

文化祭オープニング 顔戸区による獅子舞披露

建設労連外様支部 包丁研ぎ

集落捕獲隊 射的 「ほら、よ~く狙って・・・」

体験コーナー 「尺八を作っちゃおう」 ドリルで穴を開けてます

子どもたちの作品展示

また、体験コーナーの売り上げを「義援金にして」とお預けいただいたり、設置した義援金箱に募金いただいたりと、昨年にはない光景もみられました。

被災された方へのお見舞いの気持ちや、文化祭を楽しみながら復旧・復興を望む気持ちの入り混じった、温かな文化祭となりました。

コメント

瑞穂地区文化祭開催されました。

2019年10月31日 | 瑞穂公民館

10月27日(日)瑞穂地区活性化センターにおいて、瑞穂地区恒例文化祭・

地区駅伝大会が開催されました。

今年の文化祭は、台風19号の影響で開催が危ぶまれましたが、実行委員会で

議論が交わされ、行なわれことになりました。

前日は各地区公民館による写真展示、PTAによる子どもの展示物の搬入、奉仕団

バザーの値段付け、売店・販売のテント立てなど、会場純美が行なわれました。

                  

                

地区駅伝大会は、この日に向けて各地区で練習も行なわれ、オープンを含め

11チームがエントリーとなりました。

 

当日はハッキリしない雨交じりの天気になり、駅伝大会は午前10時に北原

公民館をスタートし、瑞穂地区を元気に走り抜けました。

優勝 富田  準優勝 北瑞A(柏尾+北原)  第三位 神戸

という結果となりました。

         

文化祭は、絵画や手芸、育成会で行なわれたふわふわラベンダーボールなどの

展示はもちろん、地区の盆栽会の皆さんによる菊花展、多くの協賛をいただき

豪華商品目当てのビンゴゲーム、わくわく大抽選会(特等4本)、3色の味付きが

楽しい綿あめは子ども達の列になり、押すな押すなのチャリティーバザー、

美味しいうどんやおやき等の食堂売店、ふるまい餅には大勢の人が集まり、

大盛況な文化祭となりました。

                

                              

多くの団体の皆様のご協力もと、小さな子どもから年配の方まで、台風の被害に

負けないような楽しい文化祭になりました。今年も盛大に行なうことが出来て

良かったです!!

なお、売上金の一部は19号台風被災者義援金にまわさせていただきました。

コメント

瑞穂地区大運動会 開催される!

2019年08月27日 | 瑞穂公民館

8月25日(日)瑞穂地区公民館恒例の夏の大イベント「瑞穂地区大運動会」が開催

されました。

前日は、残暑残る日差しのもと、地区役員と瑞穂公民館による準備が行なわれました。

当日は熱中症が心配されましたが、準備体操をし、8時半から競技開始となりました。

 

種目は、子どもから年配の方まで楽しめる「玉入れ」「腰をのばして」など和気あいあい

としたものや、見る方も楽しい「走れ、新幹線」、白熱する「綱引き」、区民総立ちの

「年齢別リレー」などなど。

「宝つり」は点数制になり、お宝ゲットを狙っていた区民の皆さんごめんなさい!

益々バラエティーに富み、少し風のあるほどよい暑さの中で、芝生化された緑色の

グラウンドに各地区の大声援が響いていました。

                                          

                                                                

                                         

結果  優勝 柏尾公民館  準優勝 中組公民館  三位 関沢公民館

柏尾公民館が三年連続、見事優勝を果たしました。

心配された熱中症やケガもなく、無事競技終了となりました。

公民館役員、各地区厚生体育部長をはじめ、役員の皆さんお疲れさまでした。

 

運動会終了後、すぐに慰労会を始める地区もあれば、夕方から始めて夜にかけて

大宴会の地区もあり、公民館専門部を含めて大盛況の運動会となりました。

 

コメント

広井川まつり 開催

2019年08月20日 | 外様公民館

外様育成会&外様公民館共催の「広井川まつり」を、8月10日(土)行いました。

今年は天候に恵まれ、3年ぶりにホンモノの川、広井川尾崎城址付近での開催となりました。

当日は役員によって、水深30㎝ほどの広井川をハシゴや網などで囲って堰き止めたイワナのつかみどりの準備や、熱中症が心配されるほど暑い中、炭をおこしてバーベキューの準備が行われました。

ハシゴや網でイワナが逃げないように・・・

始めの会を行い、いよいよ180匹のイワナが放流されました。

子どもたちは「あっ!いた!!」「そっちに逃げたよ!」と大騒ぎしながらイワナを捕まえ、塩を振って焼いてもらい、美味しそうに食べていました。

イワナはどこだ~?

塩を振って、炭火で焼きます

がぶっ!おいしい~!!

また、国際交流員のチェン・リアンさんたちによるフェアリーブレッドやソーセージジズルも大人気でした。

イワナのつかみ取り、バーベキュー、スイカ割りや水風船遊びもあり、夏の日の楽しい川遊びイベントとなりました。



コメント