もののはじめblog

コメント歓迎 ! 
必ずコメントに参ります by iina

天鏡閣

2018年03月29日 | 
(てんきょうかく)重要文化財 明治41年8月竣工。はじめは有栖川宮の別邸として建てられ、のち高松宮別邸となった。明治の香りを伝える皇族用別邸。
ルネサンス様式の意匠をこらした館内は明治の香りを伝え、大理石製の暖炉飾り、シャンデリアの調度など極めて豪華なつくりの洋館。
たくさんの部屋に、暖炉と応接セットが多かった。



食堂                             客間

撞球室(ビリヤード)



西客室


浴室               大正天皇の筆

有栖川宮威仁親王の銅像




   もどる     ③につづく





『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント (8)   この記事についてブログを書く
« 猪苗代湖に白鳥 | トップ | 鶴ヶ城 »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お早うございます (延岡の山歩人K)
2018-03-29 06:26:31
豪華な別邸
平面図を拝見して ビックリ仰天です
庶民には 関係ないおはなしですね
でも
光熱費は?(特に冷暖房)
掃除は?
固定資産税は?・・・等 いろいろ気になりおます(^o^)


(延岡の山歩人K) さん へ (iina)
2018-03-29 08:33:35
早日渡(はやひと)駅は、廃駅でしたか。 桜が、まみれて咲き誇っています。
ここを煙をはく汽車が走ったら、旅情が一層高まります。

早日渡(はやひと)が、鹿児島人をあらわす隼人(はやと)を思わせます。


> 豪華な別邸 ・・・ 庶民には 関係ないおはなしですね
贅を尽くした建物は、明治の皇族用別邸です。諸経費の心配なんか、下々の者が考えることです。
麻呂もそうどすぇ・・・("^ω^)

いまは、国指定重要文化財です。
昭和天皇・皇后両陛下、徳仁(なるひと)親王(皇太子)殿下が御来県の際に天鏡閣を御視察とあるので、
平成天皇のお名前と思いきや今上天皇は明仁(あきひと)殿下ですから、浩宮(ひろのみや)さまのことでした。称号だそうです。

お風呂 (hide-san)
2018-03-29 11:43:46
古いお邸のお風呂やトイレに興味があって、
訪ねるお邸のお風呂やトイレは必ずのぞきます。

中山道を歩いて、本陣家の風呂やトイレを皇女和宮が宿泊されると言うので改装した所などよく見ました。

人が生活するうえで必ず必要だからです。

天鏡閣の浴室も意外と狭いようですね。
白い洋館 (歌種記文 mie)
2018-03-30 02:01:37
ミズキ科ではなく マンサク科のトサミズキ。
葉っぱの形がミズキ科の樹木に似ていることから 付けられた名前のようです。
葉が出てくるこれからの時期がまたいい樹木です。

雪の中に建つ白い洋館。
白を維持するのも大変な気がしますが、
贅を極めたものにはそんなことは他愛のないことなのでしょうね。
お部屋の数が多いので人の出入りが多かったのだろうと想像できますが、
客室は案外少なく 付属室というのが多いのは
そこが多目的に使えるお部屋だったということなんでしょうか?
こんなにたくさんはいらないけれど、趣味別の個室とか、
それぞれをスッキリと置いておけるお部屋があったらいいなぁ。

(歌種記文 mie) さん へ (iina)
2018-03-30 09:18:22
春分の日の雪はわずかに降られた程度でしたが、手帳を繰ってみると、一日家に居ました。
録画した「空から日本を見てみよう」、映画「フライト・ゲーム」に「超入門!落語 THE MOVIE』を見てました。

ところが、桜が咲きはじめて4度花見しましたが、晴れつづきで暖かいです。自然のことですから、そんなものです。
さくらを明日にブログ します。

きょうも、弁当を買って を飲みながら 花見して参ります。


> 部屋の数が多いので人の出入りが多かったのだろうと想像・・・客室は案外少なく 付属室というのが多いのはそこが多目的に使えるお部屋だったということなんでしょうか?
ともかく、付属室にも応接セットだらけという印象の洋館でした。皇室関係や政治向きの方たちの訪問が多かったのでしょう。



(hide-san) さん へ (iina)
2018-03-30 09:45:09
緑夢(ぐりむ)を、英語の「グリーン」を使ってもいいのでしたか。

「童」を使った熟語を挙げると、童話や童謡などがありますね。
ところが、古代中国では、奴隷が逃げ出さないようにと、視力を奪っていた。つまり、その奴隷が「童」だったとか・・・。
また、過酷な労働の中で歌ったのが「童謡」なのだとか・・・。
https://blog.goo.ne.jp/iinna/e/dd6cd396a140f8dabbc6ca9feb26ebb2


> 古いお邸のお風呂やトイレに興味があって、   訪ねるお邸のお風呂やトイレは必ずのぞきます。
内面に思う限り仕方ありませんが口外しない方がよさそうです。コンパクトな風呂だけを撮りました。
そんなことを好む方は、天皇と皇后の便所にも興味をもつと思いますから、次をご覧ください。
「金隠し」のほんとうの意味もわかります。
https://blog.goo.ne.jp/iinna/e/8e9018ef6605f90d72a91b2b62104e7a

明治の皇族用別邸 (ウォーク更家)
2018-03-31 09:50:14
重要文化財の天鏡閣は知りませんでした。

いかにも明治の皇族用別邸という感じの上品な雰囲気で素敵です。

周りを見渡すと雪深いかなりの田舎ですが、有栖川宮は、何故この様な辺鄙な?場所に別邸を建てたのでしょうかね。
(ウォーク更家) さん へ (iina)
2018-03-31 10:19:08
隅田川クルーズをエキサイティングに楽しまれてよかったですね。やはり、更家さんには行動力があります。

船に乗るのは非日常で、 桜の季節の花見を兼ねて 殿さま はたまたお大尽さま気分です。

浅草に通勤しましたが、あいにくクルーズ船を見下ろすばかりで未体験です。


> 周りを見渡すと雪深いかなりの田舎ですが、有栖川宮は、何故この様な辺鄙な?場所に別邸を建てたのでしょうかね。
有栖川殿下が旅行中、猪苗代湖畔を巡遊され、その風光の美しさに魅せられて別邸を建てたということです。明治40年8月のことでした。
iinaがそんな立場ならば高貴なわがままを通したい気分です。

立地場所は、遊覧船発着所の直ぐ近くです。
https://blog.goo.ne.jp/iinna/e/15c1c2338766eaaefbd03271c367c22c

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事