もののはじめblog

コメント歓迎 ! 
必ずコメントに参ります by iina

オートマ車の仕組

2018年07月14日 | 雑感
自動車は、マニュアル(MT)で育った身に、オートマ(AT)ではギアチェンジ直後のスピードアップに物足りなさがあった。
それも、オートマ車に乗り慣れると、下り坂のエンジンブレーキもかなり効くし、坂道でうっかりエンストを起こすこともなく快適に乗っている。
しかし、エンストしない仕組みがイマイチ理解できないので、調べてみた。

オートマチックトランスミッション(AT)
自動でシフトチェンジしてくれる便利なミッションのこと。ブレーキペダルとアクセルペダルだけが付き、クラッチペダルがない。
オートマは、大きく3つの部位から出来ていて、トルクコンバーター、コントロールバルブ、変速ギアから成り立つ。

   
トルクコンバーターの構造と役割
トルクコンバータートルコンはエンジンからの回転トルクをミッション内部のギヤを返して駆動軸に伝える役目をしている。
例えば、油の中に向かい合う2つの水車があると考えると、
エンジンの動力でステーターの水車を低速回転させても、渦が発生しないので向かい合うタービンの水車は互いに離れているので油の中で空転して、動力が伝わらない。エンジンの回転数が上がると自動的に動力がつながる。

つまり、「D」ドライブでもブレーキで動力を制御し、中の油は弱く循環するだけでエンストしない。「P」停車や「N」ニュートラルでは、中の油は循環しないエンジン空回り状態になっている。






繰り返すと、
Dレンジに入れてブレーキ踏んでもエンストしないのは、機械的にエンジンとミッションがつながっていなく流体(ATF)によってトルクの伝達をしているから。
アイドリング時にはマニュアルミッションの半クラッチ状態に近い(クリープ現象)になっている。




このトルクコンバーター式トランスミッションに組み合わされる遊星歯車(プラネタリギヤ)はAT車の変速ギヤとして使用する。
構造は中央に「サンギヤ」外周に内側にギヤをもつ「リングギヤ」、またそれらのギヤの間に等間隔に配置された「ピニオンギヤ」によって構成される。
通常のAT車ではこの歯車が2~3セット内臓されていて、これらを油圧制御のクラッチやブレーキを使って「サンギヤ」「リングギヤ」「ピニオンギヤ」の3つのギヤのうち、2組を合わせて回転させギヤ比を変えて変速させている。
「遊星歯車」の名前の由来は、中央に太陽に見立てた「サンギヤ」を置き、「ピニオンギヤ」がその周りを回る遊星(プラネット)のように見えるから。
これがオートマチックトランスミッションのコントロールバルブという。

蛇足
信号待ちのときに、「N」レンジに切り換えるよりも「D」のままにした方がいいらしい。
連続的な負荷よりも、断続的な負荷・衝撃のほうが機械には都合が悪いので、信号待ちでNレンジにわざわざシフトするのはヤメたほうがいいというもの。

                                  つづく
ジャンル:
ネタ帳
コメント (8)   この記事についてブログを書く
« 車 大中小 | トップ | ムクゲ »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お早うございます (延岡の山歩人K)
2018-07-14 06:31:08
 オートマ車の仕組
故障もなく よく出来ていますね
高度なメカニズムに 感心します
おかげさまで
運転が 疲れも少なく 楽ちんです。
(延岡の山歩人K) さん へ (iina)
2018-07-14 08:48:50
むかしの車は、当たりハズレがありましたが、性能が向上して最近はそんな話を最近まったく耳にしません。

オートマチック車がエンストしないのは、不思議です。そのくせ、アクセルを踏むと急発進します。

落語のヨタロウ (よたろう)
2018-07-14 17:59:04
落語に出るヨタロウが運転するハナシは聴きませんが、我輩はオートマ車を運転します。
オートマ車のおかげで、エンストしらずに事故も起こさずに運転してます。

アクセスを踏むだけで動くため、前進とバックを間違える事故が増えてます。どうして、そんな簡単な間違いをするのか理解できません。
 
良く調べられましたね (hide-san)
2018-07-14 18:06:37
素晴らしい解説ですね。

この次はオート・ドライブや
オート・ブレーキの仕組みを
解説していただけないでしょうか。
(よたろう) さん へ (iina)
2018-07-15 09:09:00
ヨタロウが運転するハナシは聴かないです。
                   もし、ヨタロウがクルマを運転したら愉快な展開で笑わせてくれそうです。

 創作落語を創ってみますか・・・("^ω^)

(hide-san) さん へ (iina)
2018-07-15 09:27:26
月下美人は一晩しか咲かないロマンチックなサボテンです。それが、また咲くのですね。
サボテンなのにサボらないものですね・・・( ^ω^)


> この次はオート・ドライブやオート・ブレーキの仕組みを解説していただけないでしょうか。
こんかいは、オートマ車の仕組みを調べてみました。
疑問に思ったときが機会到来の時ですから、ご自身で解いてください。iinaは上の問題を解説するところまで高まっていません。

もっとも、オートマ車の仕組みは長い間、漠然とは耳にしていますが、その機を得てWEBで調べ車屋さんでも尋ねました。
この話題は、別の「CVTオートマ車」につづきますが、公開まで時間を要します。

オートマ車の仕組 (ウォーク更家)
2018-07-17 23:23:03
オートマ車の仕組み、ホントに上手く出来ているんですね。

信号待ちの「D」推奨、連続的な負荷よりも、断続的な負荷・衝撃のほうが機械には都合が悪い、という説明は成程、分かり易いです。

そうですか、アイドリング時は、謂わば半クラッチ状態だったんですね。

オートマ車の仕組、分かり易い説明で勉強になりました。
(ウォーク更家) さん へ (iina)
2018-07-18 10:08:23
> ”松島や ああ松島や 松島や”  ・・・ 芭蕉の句ではありません!
> 「蕉翁文集」によると、”嶋々や 千々にくだけて 夏の海”という句を、芭蕉が松島で詠んでいるのです。
おゃ 意外でした。この句をよく詠むと、感嘆符ばかりですから、俳句になってませんね。さすが、奥深気です。

松島を訪ねて「ああ松島や 松島や」と叫んでみたいです。
東北では、北山崎を観光船めぐりをしたのですが、ウミネコがついてまわり景色もケッコウでした。
https://blog.goo.ne.jp/iinna/e/7417f558e932ef5ef1e34e7bb25439dd


> 信号待ちの「D」推奨、連続的な負荷よりも、断続的な負荷・衝撃のほうが機械には都合が悪い、という説明は成程、分かり易いです。
ブレーキに右足を置き続けるのもつかれるので、いままでは「N」にして待機していました。
いま流行りのCVTオートマ車は、気にする必要はないとは、クルマ屋さんは申してました・・・❔

「D」でもブレーキを踏んでいると、油が空回りして車が進まないなんて・・・。

コメントを投稿

雑感」カテゴリの最新記事