もののはじめblog

コメント歓迎 ! 
必ずコメントに参ります by iina

猿まわし

2007年02月24日 | 東京エリア
演芸の都らしく浅草神社境内には、猿回しが出ています。たいていの観光客は、浅草寺が目的なので、観音様を拾い上げた三人を祀る浅草神社を素通りするのが一般的と思われます。立ち寄ってみると何か演っている場合があります。



土曜と日曜日と縁日に演るそうです。
竹馬やジャンプ等をして、難易度が高いと猿が気弱になったり、足を引きずり仮病を使ったりして笑いをとり、最後に成功させると拍手喝采を受け得意満面なポーズを決めるところ。(下2枚)
<>マウスをあてて



この2年間の猿まわしを4組しましたが、順繰りに出張っているのかよくは分かりません。次は、先の節分の日に演じた猿まわしで、芸達者な猿でした。

そして、何より笑顔にあふれた境内でした



ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« ひとり日和 | トップ | 待ってくま~ »

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
大道芸 (勿忘草)
2007-02-25 11:39:48
浅草も上野も大道芸人がたくさんいますね。

以前、お台場で
村崎太郎・次郎さんの猿まわしを見ました。
見終ってお金を集めるとき
ポケットにあるはずの財布がありません。

慌ててポケット中を探しましたが、
いかにもふりをしているようで
汗が出ました。

財布はその前に喫茶をしていた椅子に
落ちていました。(笑)

連れが持ってきてくれて
事なきを得
見料を出すことができました。(笑)
可愛いですね (おゆき)
2007-02-25 12:58:00
お猿さんて、本当に頭が良いですね~
猿回し・・・私は実演を一度も見たことがありません
浅草で、見られるんですかぁ
賢い猿 (iina)
2007-02-25 22:25:28
(勿忘草)さん へ
カモメのジョナサンですか?
瞬間、瞬間が巧く撮れていますネ。
財布があるべき所にないと、ドキっと時が止まってしまいます。
あってよかったです。親切な人はいるものです。
大道芸人は都の公認になって安心して芸に打ち込めます。
ご祝儀は、稼げるものなのでしょうか?

(おゆき)さん へ
時に反発する野生を感じたりしますが、猿回しの指示とおりに演じます。
力関係を理解しているのたがら、賢いです。こちらは可愛いぃ~
http://blog.goo.ne.jp/omo45/e/7668b3d43dc560ade4748a2cd579c24a

コメントを投稿

東京エリア」カテゴリの最新記事

トラックバック

矢野弾左衛門 と 車善七 (Tomotubby’s Travel Blog)
塩見鮮一郎の文庫本を二冊続けて読んだ。士農工商以下の賤民階級として江戸時代に固定化された穢多、非人階級について、それぞれが江戸のどこに住んで、どんな役割を果たし、武士を頂点としたヒエラルキーにどのように組み入れられて統制されていたかがよくわかる二冊...