もののはじめblog

コメント歓迎 ! 
必ずコメントに参ります by iina

湯野上温泉

2018年06月07日 | 

「塔のへつり」

大川ラインの一番の景勝地 百万年の歳月をかけて、浸食と風化を繰り返し奇岩の景観を造った。
「へつり」とは会津方言で、川に迫った険しい断崖のこと。

 ←虚空像菩薩。






会津鉄道
    湯野上温泉駅
駅舎は珍しい茅葺き屋根で囲炉裏がある。
会津若松・喜多方方面から浅草に通じている。



       << もどる <   > つづく >>
『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント (7)   この記事についてブログを書く
« 観音沼 | トップ | 梅雨入り前夜 »

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お早うございます (延岡の山歩人K)
2018-06-07 07:28:04
塔のヘツリ
テレビドラマ塔で 拝見して・・・
憧れの地ではありました
今年の2月末 「大内宿」に旅した時
近くを通ったのに 立ち寄ってませんでした
こうして
写真を拝見して 改めて景勝に感動します
いいなiinaでした。

(延岡の山歩人K) さん へ (iina)
2018-06-07 08:25:32
> 塔のヘツリ・・・今年の2月末 「大内宿」に旅した時 近くを通ったのに 立ち寄ってませんでした
奇岩の景勝は見応えありました。
同伴の友は詰まらないけど、その証のために訪ねなくてはと歩いたのです。ところが、前より川の嵩が増えて
へつりと奇岩に見応えがあったと喜んでました。

茅葺き屋根に囲炉裏のある湯野上温泉駅も、よかったですょ。

茅葺き屋根 (よたろう)
2018-06-10 21:11:53
へつりといい、茅葺き屋根の駅までを見れる町は、珍しいです。
温泉まであれば、最高です。
ゆっくりくつろげそうです。
 
(よたろう) さん へ (iina)
2018-06-11 08:55:52
いままでに旅をしていろんな駅にご縁がありましたが、湯野上温泉駅の茅葺き屋根ははじめてで、囲炉裏さえありました。

「塔のへつり」は、奇岩の景観でした。

コメントありがとうございました! (win)
2018-06-12 15:17:36
わぁーーやっぱり緑豊かな時季はいいですね!
奇岩に新緑が似合います。
最後の画像も緑の中を走る電車、本の表紙かポスターのようです。
私たちも駅舎めぐりで湯野上温泉駅に寄りましたが
あの昔話のような雰囲気に圧倒されました!
(win) さん へ (iina)
2018-06-14 09:50:51
最後の緑の中を走る電車は、友の撮った写真を採用しました。
通る時刻に待機して撮ったのですが、当方は失敗したので友のものをトリミングして使いました。

茅葺き屋根の駅なんか、あるのですね。はじめて見ました。

(SDTM) さん へ (iina)
2018-08-02 08:57:39
こちら「SDTMの気まま空間-2」にブログを引っ越しされたのですね。
               暑中お見舞いに訪ねて、遅ればせながら知りました。

その間、当方は会津鉄道の「湯野上温泉駅」を旅して寄りました。会津若松・喜多方方面から浅草に通じている路線です。
駅舎には珍しい茅葺き屋根で囲炉裏がありましたょ。
https://blog.goo.ne.jp/iinna/e/6acf0d45adc3e342b45a9a52f4df3d7e


西鉄 宮地岳線 666+616 に反応しました。
黙示録に記された666の獣。『オーメン』の話であります。
https://blog.goo.ne.jp/iinna/e/896bf46051faae2073cc83d4e83228e8

蛇足ですが、500円から1円まで計6枚の合計が[666円]になります。

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事