もののはじめblog

コメント歓迎 ! 
必ずコメントに参ります by iina

ヒマワリがいっぱい

2018年08月04日 | 神奈川圏
ヒマワリも気を使うらしく、イベントに協力しようとお花を展望台に向けたためか後ろ姿ばかり・・・。座間栗原のことし。


座間栗原会場
の「ひまわりまつり」
  7/21(土)~25(水)
  

座間会場 8/11(土)~15(水)







 
   いままでに撮った向日葵と比べていかがだったでしょうか ❔

 [ 2010年のひまわり ]
 [ 2011年のひまわり ]
 [ 2012年のひまわり ]
 [ 2013年のひまわり ]
 [ 2015年のひまわり ]
『散歩』 ジャンルのランキング
コメント (7)   この記事についてブログを書く
« 金太郎ネコ | トップ | バラ »

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
背を向けるヒマワリ (656)
2018-08-04 11:46:04
みんな律儀にイベント会場の展望台に花を向けてますね。

花を に向けるので、それで向日葵が漢字というわけね・・・。

ひまわり (iwadonosansou2 いわどの山荘主人)
2018-08-05 05:20:51
さすがスケールの大きいひまわり園ですね。
しかも整然とされています。
撮影もさぞかし楽しいことでしょう・・
律儀に展望台に向いているとは・・狙いがイイですね。
愉しませていただきました。
(656) さん へ (iina)
2018-08-05 10:34:30
「葵」という漢字には会意兼形声文字として、「四方に向いて花が開く、開いて回る野菜」という意味があるといいます。

ですから「山葵(わさび)」や「蒲葵(ホキ・びろう・あじまさ)」、「鳧葵(ふき・あさざ)」、「落葵(つるむらさき)」)」「楚葵(セリ)」など、幾つもの異なる科目でありながらも「四方に向いて花が開き、開いて回る」ものを象徴する漢字であることが分かるのだそうです。

むかしは、ヒマワリに「丈菊(じょうぎく)」といっていたのを日本では「ひゅうがあおい(向日葵)」としましたが、最終的に「ひまわり(向日葵)」という訓と漢字の組み合わせで定着したということだそうです。

(iwadonosansou2 いわどの山荘主人) さん へ (iina)
2018-08-05 10:46:43
立派な田んぼアートです。50m展望塔があるので、全景を見れるのが好いです。
                                     迫力のふるハチドリとコンドルでした。

iinaも、先の山形で田んぼアートを見て参りました。植えた直後でしたから、育ったアートを見てみたいです。
https://blog.goo.ne.jp/iinna/e/8cccb905bf6609937ae9678f9d967994

きのうの拙宅は、家からクルマで5分ほどのヒマワリ畑で撮ったものです。

*  ( いわどの山荘主人)さんの該当ブログ記事は、真上のURLに置いています。

圧巻のひまわり畑 (ウォーク更家)
2018-08-07 12:13:36
暑中お見舞いで、ひまわりの写真を見せて頂き元気が出ましたが、それにしても、このブログの最後のの写真は圧巻です。

2011年の写真とこの今回の写真の光景を実際に見てみたいです。
(ウォーク更家) さん へ (iina)
2018-08-07 16:37:31
登米で一宿一泊して、泊め「登米(とめ)」てもらったのですね。
         「登米(とめ)」という地名は、なにやら登別のようです。それは、また別のときにお願いします。

ツアーの15名全員の要望で、通常コース以外に決められるとは融通の利くバスガイドさんでした。


> ブログの最後のの写真は圧巻です。
 たしかに を見ると元気をもらえます。

* (更家)さんの該当ブログ記事は、コメント上のURLに置いています。

こんにちは (そよかぜ)
2018-08-17 16:46:15
コメントありがとうございます

写真拝見しました
お近くに見事なひまわり畑があって良いですね~

コメントを投稿

神奈川圏」カテゴリの最新記事