もののはじめblog

コメント歓迎 ! 
必ずコメントに参ります by iina

逃亡者・最終回・前編

2007年09月11日 | 映画
最終回が放送されたのが1967年9月2日というので、ことしは丁度40年目にあたるのですね。
前編と後編として用意したのでご覧ください。

片腕の男がロサンゼルスのバーで傷害事件を起こして逮捕された。

ジェラード警部はこの片腕の男をオトリにすれば、必ずキンブルが現れると考え、この事件を大々的に新聞に流した。

警察署に詰めていた女性ジーン・カーライルは、キンブルと同郷であり、ジェラード警部が来ていることから罠だと察し、キンブルに知らせるために、キンブルの妻の妹ドナと連絡をとった。

新聞を見たキンブルは、電話ボックスから警察にフレッド・ジョンソンの名で片腕なのかを確認している傍を、警官が聞き込みしている。

さり気なく離れたところをジーンがみつけた。
買物した大きな箱で顔を隠して車に乗り込むと警官が呼びとめるが走り去る。

ジェラードは片腕の男を取り調べたがヘレンを殺したという証言は得られなかった。

あの晩、何処にいたか問うと、嘘でとぼけられたため、事件の2週間前に職場で酒を飲んでクビになった事実を突きつける。「ヘレン・キンブルを殺したのか?」と詰め寄る。

新聞報道の裏に、ジェラード警部がいることを嗅ぎつけられ、逆に利用しようとテレビインタビューに出た。
キンブルに自首を促すためだ。

ジーン・カーライルの父親は、横領で捕まり刑務所内で死んだ。
家族は村八分にされたが、唯一キンブル家族だけは味方になってくれた。
父はどうであれ、母は罪もないのに罪をあらがいながら死んでいった。


キンブルは逃亡生活に疲れ、片腕の男と対決するしか解決の道はないと、自首することに希望を持った。
警察本部にいまも間違いなく片腕の男がいることを、ジーンが確認しキンブルに電話を入れた。
遂に、キンブルは自首する決意を固めた。

だが、自首寸前に片腕の男を保釈した者があった。
保釈の代理人は、片腕の男フレッドを連れて、堂々と警察署を後にする。
直後に到着したキンブルは、すべてが分らなくなる。ジーンの車で、警察の尾行の後から追う。

代理人は保釈人をゆすろうと、フレッドに入知恵した。
私は依頼人の名と住所を知っている。お前は保釈した理由を知っている。お互いの情報を合わせると金儲けができる。

「キンブルは、俺に女房を殺したと言いやがった。俺は殺った奴の顔を見た。」
「キンブルがどうなろうと俺の知ったことじゃない。盗みに入ったのがバレちまうじゃないか。」

二人が代理人の事務所に乗り込むと、代理人は殺されていた。
そこに残された速記メモを読むと、故郷スタッフォードとキンブルの妹の夫レン・タットの名があった。


キンブルの背にジェラードの声がかかった。「キンブル動くな!」

                                           後編につづく


日付    閲覧数  アクセスIP数   gooランキング
9/11(火)   950pv   177ip      -位(854172 BLOG中)
コメント   この記事についてブログを書く
« 猫冷コー | トップ | 逃亡者・最終回・後編 »

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事