蓑虫の山遊び

新潟県の山を主に紹介してます。

番屋山(933.3m)

2018-10-08 | 中越方面の山

番屋山(933.3m)  バンヤサン  二等三角点  2.5万図 「光明山」


登山年月日  2018年10月08日  (快晴)

登山者  マコちゃん  蓑虫  2名

コースタイム

吉ヶ平山荘-1:35-椿尾根-0:50-山頂-0:55-雨生ヶ池-0:30-吉ヶ平山荘

 

今日三条の奥に位置する番屋山へ登る

25年前に登った事が有ったが今回マコちゃんから椿尾根から登ろうと提案が有り

吉ヶ平山荘まで車を走らせる

吉ヶ平山荘が立て替えられていて綺麗に成っていた(前回ここへ来た時土台までだった)

支度を整え歩き出す「馬場跡」から「椿尾根」に向かう

 

道は少し藪の所も有ったが思ったより整備されていた

途中から守門岳


道の様子

 

ところが余りにも看板が何か所も有り

椿尾根手前から吉ヶ平山荘

 

途中迷う所が有ったが何とか椿尾根に着く

 

椿尾根から猿ケ城(650.9m)方面

 

登山口はそこから10mほど奥に有った

尾根の様子

 

山頂まで何か所かロープが設置して有り迷う所はない

ただ一か所崩れ落ちている所が有った

そこはロープが張って有り慎重に進めば何の問題も無い

 

鞍部まで来ると粟ケ岳(1292.7m)から青里岳(1215.5m)矢筈岳(1257.5m)まで一望出来た

鞍部の様子

  


鞍部から粟ケ岳方面

 

そこから一本調子の登りで傾斜が緩むと山頂に着く

山頂手前から

 

 

 

 

大谷ダム

 

山頂は四畳半ほどで真ん中に二等三角点が有り

 

守門岳(1537.6m)方面が見えるだけだった

 

烏帽子山(1350.0m)

 

久しぶりにバーナーを持って行ったのでラーメンを食べ雨生ヶ池へ下った

途中から


光明山(879m)

 

下りはブナ林の中の下りでゆっくり下った

 

雨生ヶ池まで来てそこを過ぎると「雨生神社」が有るので少し寄り道をし




吉ヶ平山荘へ下った


おしまい。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
« 牟礼山(616.4m) | トップ | 杁差岳(1636.4m) »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ホームページの容量 (ガンちゃんの山日記)
2018-10-09 05:58:00
蓑虫様へ、こんにちは
ホームページの容量が少なくなる事、今のブログの容量
を少し残しておいて、新しく別のブログを開設して、今ま
でのブログを新しいブログにリンクして、続けられるかと
思いますが、生意気言って申し訳ありません、
え~!! (むっちゃん)
2018-10-09 09:44:15
止められるんですか~(^_^;)

楽しみにしてますので、是非続けて下さい。

番屋山!秋に行きたい山の一つですが、なかなかチャンスが有りませんでした。

もう少し秋が深くなったら行ってみたいです♪

昨日は、久し振りに、菱ヶ岳~五頭山を歩きました。
ホームページ (管理人)
2018-10-09 18:51:16
皆さん
心配していただき有り難う御座います。

容量ではなく
今、HPを使っているのがヤフージャパンで
この3月31日でYahoo!ジオシティーズサービスが終了するそうです
それで、Yahooのプロバイダーを辞める事になり
HPを終了する運びになり残念ですが
そうゆう事でです。

YahooではHPをほかの何処かに移行するようにと
言ってますが、なんだか面倒で
また、次のHPを開催してもまた終了と言われそうで、とちゅうことです。

では皆さんよろしくです。


ブログはもう少しするかもしれません。
番屋山 (うめもと ちえこ)
2018-10-17 22:55:45
以前、白根山でお会いした埼玉県の女性二人組みです。昨年の9月に番屋山に登りました。途中で引き返した
白根山は宿題として残りました。いつかリベンジしたいと思っています。いつも新潟の山の情報をいただいています。
今晩は (管理人)
2018-10-18 19:46:23
(うめもと ちえこ)さん今晩は。

白根山(918.1m)の時は少ししか話が出来ずすいませんでした。
それにしても、埼玉から新潟の山へ良く来ますね
ご苦労様です
埼玉にも、沢山良い山が有ると思いますが
どうして、新潟の山かと思います
それも、マニアックな山ばかりで・・・

番屋山(933.3m)私も二度目の登頂です
以前登った時より山頂部は木が刈られていて
思ったより良かったです
それに周遊コースが出来て新鮮味が有りました。

また、新潟の山へきて下さい
その時はHPを参考にして下さいと言いたいところですが
HPが近々閉鎖になります
残念ですが、ブログでお願いします。

ではまた、気を付けて新潟の山へ。

コメントを投稿

中越方面の山」カテゴリの最新記事