さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 ベイルート その3

2019年08月19日 | 海外旅行
国立博物館の1階展示物の続きです。素性の判らないものの方が多いですが。

ビブロス遺跡にあった守護神エシュムンの娘イザヤの像



そのアップ。



モザイクも多く展示されていました。











ニハ遺跡やバールベック遺跡でもゲートの要石部に似た鷲の彫刻が施されていました。



中央はアスタルテ神の玉座。





エジプト関係の出土品のようです。







円形劇場のミニチュア。



建築時にミニチュアを造って検討したのでしょうか。



ビブロス遺跡で発見された紀元前1900年頃のオベリスク。



この石碑に書かれているのは、フェニキア文字でしょうか。



そのアップ。



ペルシャ時代の柱頭飾り。



ペルシャ時代の柱土台。



ローマ時代の柱頭飾り。







続けて地下展示場に進みました。
コメント   この記事についてブログを書く
« さすらいの風景 ベイルート... | トップ | さすらいの風景 ベイルート... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

海外旅行」カテゴリの最新記事