さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 バンゴン・ツォ その2

2019年02月25日 | 海外旅行
登ってきた南側と違って、チャン・ラの北側は緩やかな斜面が広がっていました。



大きなカーブを繰り返しながら下っていきました。



雪解け水が小川を造り始めました。



小川の縁は凍っていました。



谷の前方にも岩山が見えてきました。





谷は次第に広がってきました。



雪山も間近に見られるようになってきました。





まとまった広さの平地が現れると、そこにはインド軍の駐屯地が設けられていました。





その先で集落が現れました。バンゴン・ツォ(4250m)はまだ先のようなので、チャン・ラからはかなり下ってきたといっても、ここは標高4500mほどでしょうか。これほどの高地で人が住んでいるのは驚きです。



雪山を仰ぎ見ながらのドライブが続きました。



民家も現れました。放牧で生活をしているようです。



小川が流れ、草地も広がるようになってきました。



道路脇にヒマラヤ・マーモットがおり、車を停めて見物を行うことになりました。ここのマーモットは、人に完全に慣れており、警戒心も無く自由に写真を撮らせてくれました。野生動物なので行程表には記載されていませんでしたが、たいていはここでマーモット見物できるようです。



立ってはいますが、警戒の様子は見られません。





かなり近くまで寄ることができ、動かないので撮影しやすい被写体です。



岩の間から顔を出すマーモット。



岩の上に腹ばいになったマーモット。

ちょっと太りすぎです。観光客からお菓子をもらうためのようですが、健康バランスを崩して早死にしてしまうようです。野生動物には餌を与えないというのが基本です。もっとも、この姿を見ると、それでも幸せなのと言っているように見えてしまいます。



ぬいぐるみのような可愛さです。



少し先にも車が停まっており、ここのグループの他にもマーモットがいるようでした。





小川はさらに広がり、緑も多くなってきました。



堆積した砂礫の中に小川が消えてしまいました。水の流れは伏流水になったようです。



小さな水たまりが現れましたが、これが目指すバンゴン・ツォではないよねと、思わず冗談が頭に浮かんできました。



その先で、ようやくバンゴン・ツォが見えてきました。わざわざ標高5620mの峠越をしてまで来た価値があるのか、興味が高まりました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« さすらいの風景 バンゴン・... | トップ | さすらいの風景 バンゴン・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

海外旅行」カテゴリの最新記事