さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 ビーマベトカ岩窟群 その2

2017年12月31日 | 海外旅行
途中で見晴らしに出ました。特徴的な形の岩は、亀岩と呼ばれるようです。

この丘は、岩窟があって住めることと、狩りのための見晴らし台として、石器時代の人は住み着いたのでしょう。



続けて8号窟。



馬に乗った群団が描かれています。





9号窟。



象の絵。



馬と住居でしょうか。



青や黄の色も使われています。



10号窟。



12号窟。







15号窟。



ビーマベトカ岩窟群で最も有名なバッファローに襲われる人の絵です。







7号窟。馬に乗って槍をもっています。新しい時代のもののようです。



向き合う一団も描かれているので、戦いを現しているのでしょうか。





6号窟。踊る人々が描かれています。







この牛の絵は、かなりテクニックの向上が見られます。

先史時代の岩絵は、学術的に貴重なものとして世界遺産に登録されるのは良いとして、見て面白いかは別物ですね。これは、世界遺産全般にいえることですが。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« さすらいの風景 ビーマベト... | トップ | 謹賀新年 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

海外旅行」カテゴリの最新記事