さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 フェズ その1

2019年04月08日 | 海外旅行
シャウエンの見学を終えて、一路南下してフェズへ向かいました。



途中、小さな町を通過していきました。



丘陵地には広大な農地が広がっていました。モロッコというとサハラ砂漠をまず思い浮かべますが、かなり内陸部まで緑地帯が広がっていました。



途中、コウノトリの巣を見かけました。



途中、トイレ休憩一回を含め、4時間ほどのドライブでフェズに到着しました。暗い中、城壁が続いているのが目に入ってきました。



フェズでは、このホテル・エルミンズサラー・フェズに二泊しました。



ロビーの飾り。



部屋もアラブ風の装飾が施されていました。



4日目は、まずフェズ観光を行いました。王宮に向かいましたが、その南にはユダヤ人街メラハが広がっています。



スペインで迫害されたユダヤ人がモロッコに移住してきて、ここには15世紀に街を作りました。イスラエル建国に伴い、多くのユダヤ人はこの地を去りました。二階に見られるバルコニーは、ユダヤ人の造った建物の特徴です。



城壁の門。



王宮前のアラウィート広場でバスを降り、正門を見学しました。マリーン朝(13~15世紀)のスルタンの居城であり、スルタンの兵士が駐屯していました。



美しい装飾が施されていました。





幾何学模様が繰り返えされています。







正門脇のこちらが入り口のようで、警備員がいました。

この後、一旦バスに戻り、世界一の迷宮都市と呼ばれる旧市街のフェズ・エル・バリに向かいました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« さすらいの風景 シャウエン... | トップ | さすらいの風景 フェズ その2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

海外旅行」カテゴリの最新記事