さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 ティカル遺跡 その2

2018年05月22日 | 海外旅行
中央アクロポリスにやってきました。

ティカルは、紀元前800年頃から人が住み始め、紀元前1世紀には都市が形成され、8世紀には人口8万人の大都市として繁栄しました。9世紀に人口が減少して放棄されるまでの800年の間に33人の王が君臨しました。

中央アクロポリスは、貴族の居所、行政の中心でした。古典期前から築かれ、現在残る形になった のはイキン・チャン・カウィル王の治世(734-746)と言われています。

イキン・チャン・カウィール王は、神殿1号や神殿4号をはじめとする多くの建物を建立し、最盛期を築きました。



ここは4世紀末からティカルの王の居所 でした。





学校あるいは病院であったと言われているようです。



小部屋が並ぶ、二階建ての大きな建物だったようです。



作業員が漆喰を縫って補修作業を行っていました。ティカル遺跡は、現在も修復作業が進行中で、遺跡の風景も訪問時によって変化しているようです。





中央アクロポリスの南側の歩道を西に向かいます。



南には貯水池であったという窪地があり、その奥の丘の上には5号神殿が頭を見せていました。建設当時は、ジャングルは無く、水面に神殿の影を写していたはずです。

5号神殿は、ティカルで二番目の高さを持ち、カラクムルを破ったハサウ・チャン・カウィールによって建てられました。



中央アクロポリスの西側の広場にやってきました。奥に1号神殿の頭が見えています。



広場に面した建物。



入口の上には、崩壊が進んでいますが、人の頭のような彫刻があるようです。





広場の北側に進みました。



建物の間の小路を進みます。



高台の縁に出ると、目の前に1号神殿がそそり立つ眺めが広がりました。



ティカル遺跡の核心部といえるグラン・プラサの眺めが眼下に広がっていました。



グラン・プラサの西側に、1号神殿と向かい合うように、2号神殿があります。



グラン・プラサの北側には、北アクロポリスが広がっています。



1号神殿の下には、小さな球戯場があります。

続いて、丘を下りてグラン・プラサ周辺の見学を行いました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 ティカル遺... | トップ | さすらいの風景 ティカル遺... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (本読みと山歩き)
2018-05-27 10:42:40
フローレスの街歩き、
確かに海外では安全の朝夕を歩ける場所はすくないですから、
こうやって目的なく街を歩くのは私も
大好きです。
街歩き (さすらい人)
2018-05-28 19:40:15
海外では、街歩きがしたいと思っても治安の問題があります。「海外ブラックマップ」(彩図社)という文庫本が出ていますが、ヨハネスブルグやキングストンなどのやばい街のやばさが書かれており、興味深く読むことができました。
幸いフローレスだけは安全地帯で、街歩きができました。これからも注意を払ってうろつきたいと思います。

コメントを投稿

海外旅行」カテゴリの最新記事