さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 ドゥッガ遺跡 その3

2018年11月02日 | 海外旅行
奴隷市場の東側には、ローマ人の住居跡が広がっていました。



メイン・ス・トリート沿いには多くの建物が並んでいました。



リキニアの浴場に向かいます。





壁の隙間から見たリビコ・プュニック廟。





リキニアの大浴場。冬季の浴場として使われて、温浴室や熱浴室が整備されていました。



リキニアの浴場では、壁や柱が良く残されていました。



床のモザイクも残されていました。



残されていた彫刻。



振り返り見たユピテル(ジュピター)神殿。



リキニアの浴場は、多くの建物から構成されています。



床のモザイクも多く残されていました。





運動場。



地下トンネルを通って、メインストリートに戻りました。





バルドー博物館で最も有名な「オデュセウスとシレーン」のモザイクが発見されたディオニソスとユリシーズの家(たぶん)。



メインストリートの石畳が良く残されていました。



壁に開いた穴は、馬を繋ぐためのもの。



トリフォルニウムの家。トリフォルニウムとはクローバーのことで、中庭を囲む小部屋にクローバーの形があることに由来するといいます。



ここは、公設の売春宿でしたが、それを隠すために別の名前で呼ばれるようになったようです。



中庭を囲むように小部屋が設けられていました。



説明だけで通過しようとしたので、急いで階段を下りてトリフォルニウムの家に入場しました。残念ながら、売春宿を示すようなものは見当たりませんでした。



トリフォルニウムの家の隣には、キクロプスの浴場が設けられていました。ここでは、小さな浴室が幾つも設けられています。ローマ時代の特殊浴場だったのでしょうか。



手洗い場でしょうか。



トイレ。中国名物ニーハオ・トイレ以上に、丸見えだし、他人との距離が近すぎますね。



キクロプスの浴場から坂道を上がっていくと、劇場の前に出てドゥッガ遺跡の見学は終わりました。ドゥッガ遺跡のマップを見ると、見学したところは一部だったようですが、結構歩き疲れてて充分という気分になりました。

チュニス市内に戻ると、政府主催のイベントによる交通規制で、市内は大渋滞になっており、少し離れた所でバスを降りてホテルに戻ることになりました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« さすらいの風景 ドゥッガ遺... | トップ | さすらいの風景 チュニス ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (本読みと山歩き)
2018-11-04 21:11:13
確かに、良く原型をとどめている遺跡に見えます。
緑の中に立つ姿もなかなか
リビコ・プュニック廟が変わった形状をしていて面白うそうです
チュニジア (さすらい人)
2018-11-05 20:28:07
旅行前のイメージでは、チュニジアではイスラムの風景を見るのだろうと思っていたのですが、ローマ帝国の遺産が大きな部分を占めていました。カルタゴとの地中海の覇権をめぐる競争に勝ち、栄光の時を迎えた後に、イスラムの侵攻によって衰退していくというローマ帝国の興亡の歴史を見ることができました。

コメントを投稿

海外旅行」カテゴリの最新記事