さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

合わなかった靴

2006年09月26日 | 登山
登山靴には馴染みが良いようで、スカルパ以外のメーカーの靴も履いているが、特に問題は生じていない。しかし、どうしてもだめであった靴がある。

1995年に3月間の短期研修で、サンフランシスコに滞在した。当初は、山に行くつもりでなかったので、トレッキングシューズは持っていかなかった。ヨセミテにいくことになって、やはりトレッキングシューズが必要だなということになった。
ノースフェースの直営店はあったが、靴は専門外なのかおいていなかった。町中の靴屋で、トレッキングシューズを買い求めた。日本にもアウトドア用品として名前もしれるようになっているティンバーランドの靴であった。皮と布のコンビで、ゴア内装。普通のトレッキングシューズである。当然、試着して、問題のないことは確かめていた。
ところが、この靴は、1時間ほど歩くと、甲のあたりが当たって、痛くてたまらない状態になった。慣れれば痛みは無くなるだろうと思って、サンフランシスコ周辺の歩きを続けたが、結局、最後まで足に馴染まなかった。
足の大きさは合っても、外人の形態とは、違っているということのようである。スカルパのようなイタリア製の靴というのは、日本人の足型を送って作ってもらっているようである。
外国での靴の買い物は難しい。
(これはティンバーランドの製品がだめということではなく、アメリカでの買い物はだめであったという趣旨ですので、誤解のないように。)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 買っちゃった 登山靴 | トップ | 登山靴のミッドソール剥がれ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ついつい・・・ (テントミータカ)
2006-09-27 16:24:51
コメントをつけたくなる、登山靴の話題ですね~(笑)。

メーカー名を明示するのもなんですが、スカルパとシリオは足が合わせやすくて評判が良いようですよ(セールスではありません、笑)。

>この靴は、1時間ほど歩くと、甲のあたりが当たって、痛くてたまらない状態になった。

やはり、こんなことがあるんですね。



通りで、わたしの行きつけ(と言っても年数回ですが)で靴を買うときに、「お急ぎでなければ、しばらく試着のまま、店内の商品でも見て廻って、歩いてください」と勧められましたよ。もちろん靴売り場に試し歩き様の坂もありましたけど。



参考になりました。
私も (sanae)
2006-09-28 12:33:11
しばらく試し履きをしてました。

それでオッケーだったので他のはまったく試着せず決めてしまいました。

外国で買うとそういうわけにはいかなかったのでしょうか?

そういえばハワイで買った靴、やはり履きにくくてこちらでは全く履いていません、サンダルですけど(^-^;
足型 (さすらい人)
2006-09-28 16:02:01
テントミータカさん:

シリオのことは知らないですが、スカルパは、イタリア製といっても、日本人の足型を送って、日本人向けに作っている聞いています。

靴の当たりというのは、内部をさわってみても原因はわかりませんね。

でも、この痛い靴で、ヨセミテのハーフドーム12時間の山行をこなしました。最後は、足をひくずっていましたが。
試し履き (さすらい人)
2006-09-28 16:10:33
sanaeさん:

ハワイでどのようなブランド品の靴を買ったのでしょうか。「世界の一流ブランドといっても、日本人の足には合いませんわねえ」と、軽くながしましょう。

当然、日本の店では、新しいメーカーの靴を買うときには、履いたままでしばらく店内でうろうろしています。

ただ、アメリカの時は、馴染みの店でもないので、そう長くは履いていませんでした。といっても、店の中の試し履きだけでは判らなかったのではないかなあ。

コメントを投稿

登山」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事