ザ・マイケルブログ!

Hello、皆さん、対RK戦も初盤のゲリラ戦を終え、いよいよ正規戦に突入することをここに宣言します。応援よろしくです!

◆ <大荒れリチャコシ討論会> ◆

2017-06-11 11:35:19 | リチャードコシミズ




M「え~、本日はようこそお越しくださいました。本日はVさん、Z(ツェット)さん両氏にお越しいただき、それぞれのリチャコシ論を戦わせていただきたたく思っております。あ。わたくし、本日の司会を担当させていただくマイケルと申します」


V「ども、マイケルさん。私、リチャコシ擁護派のVです」


Z「ども。リチャコシ認めない派のZです」


M「ではね、おふたりにそれぞれのリチャコシ論をそろそろ語っていただきましょうか。おふたりにとって、そもそもリチャコシとはなんなのか?」


V「英雄です。いや、英傑とでもいいますか。正義を絵に画いたみたいなオトコです。あんなひとはそうはいない」


Z「詐欺師ですね。詐欺師かつ生ゴミ。いいや、ゴミなら捨てれるからまだいいが、あいつは有料でも捨てられないから余計にタチわるいよ」


M「おお、となると、これはまっこうからの対立ですね。舞台的には美味しい効果この上なしなんですが、のっけからかなり過激なセリフが発言されました。では聴いてみましょう、Zさん、リチャコシ詐欺師説のあなたの根拠は?」


Z「単純明快です。知っての通り、彼は、信者からの寄付金で喰ってるわけですよ。つまり、正義とは、彼にとってショーバイなんです。すべてはこっちがわから見なきゃダメなわけ。いかにも正義漢らしい見栄えこそ、彼がいちばん重要視してるものなんです。ま、僕はほかのところで何度もいってますけど、ほんと、リチャードコシミズ劇場っていうのは、かつてのドサまわりの国定忠治劇そのものなんですよ。言説自体の完成度だとか矛盾とかはどうでもいいの。そんなの、そもそもが舞台衣装でしかないんだから。彼があの胴間声で恰好よく決めゼリフを叫べる見せ場さえあれば、言説なんてどうでもいいんですよ」


V「Zさん、ちょっとそれは極論じゃないかなあ。あなたはリチャードコシミズが矛盾まみれの言説をまくしたててるようなことをいいますが、考えてみてください、そんな言説でいまみたいに多くのひとが集まりますか?」


Z「多くのひとが集まっている? 本当ですか? 2016年の東京忘年会では、参加者が10人、いや、リチャコシ当人を除くと9人だったのはご存知で
すよねえ?」

V「忘年会はべつでしょう。党員さんだってみんな会社員なんだもの、外せない用事も義理も年末ですしそりゃああるでしょう」


Z「まあね、そのへんは認めてもいい、ただ、明らかに講演会に集まる人数は目減りしてますよ。3,4年前は、独立党で池袋講演なんかやったら、講演後の懇親会は店3軒借りないととても収まりがつかなかった。リチャコシが時間おいて3軒の店をはしごして新規党員に顔見せしてまわったりね。あんな光景は最近じゃとんと見かけなくなった」

V「人気が言説の価値をすべて決めるわけじゃない。たしかに人工地震、最初の不正選挙のころより人気が翳ってきているのは、僕も認めないじゃない。しかし、リチャード理論は不変ですよ。ユダヤ・朝鮮勢力が日本を牛耳り、マスコミほか各メディアを使って、僕等、平和を求める日本人を抑圧支配してるのは、心あるひとなら誰でも認識してる現代ニッポンの実情そのものじゃないですか」

Z「そこだ。僕がいいたかったのはそこ、そのリチャード理論だよ。Vさん、あなたとしてもそのリチャード理論とやらが、リチャードさんの完璧な独創とは思ってないでしょう? 前人たちの貴重な情報をもとに、リチャードさんがその理論とやらを組み立てていったのを認めるのはやぶさかじゃないでしょう?」

V「そりゃあそうです。いくらリチャードさんにしても、人ひとりでやれることには限りがある」

Z「リチャード理論ってほかの陰謀論者の言説にくらべて、もの凄く分かりやすいと思いません?」

V「ええ、とても。副島さんなんか僕も凄いと思うんですが、実際に喋っているのを聴くと、なんていうか、いいたいことをつかみにくい感触があるんです。ちょっと聴きじゃ分かりにくいっていうか。<ヒラリーを逮捕、投獄せよ!-光文社刊->なんて凄くよかった。ただ、副島さん独特のいいまわしとかに慣れるまで、なかなかアタマに入ってきにくい複雑な表現をちょっと多用されるんですよね。あと、自分の言説はただの説ではなくガクモンなのだという矜持が強すぎて、ときとしてそれが理解の邪魔になる」

Z「そこなんです。彼等とくらべると、リチャード理論はそれよりずっとシンプルでしょ? リチャード理論っていうのは要するにポップスなんですよ。誰にでも、非常に分かりやすいわけ」

V「それは……理論としての長所じゃありません?」

Z「もちろんそうともいえます。でも、僕はそっちからとらえてはいない。リチャード理論っていうのは、僕は、書くためのものじゃなくて喋るための理論だと思ってる。彼のあの声で、ときどき野獣的な雄叫びをあいだに挟みこみつつ、まくしたてていくためにとっても巧緻に作られてるなっていつも思ってました」

V「どういうことです? それだけじゃ僕はよく飲みこめないけど……」

Z「つまりは生リチャードコシミズが講演で語るために編みだされた、非常に特殊な喋り専用の理論ってことですよ。文字に残すのが目的じゃないから、些末な分かりにくい部分はあらかじめ全部はしょってあるわけよ。あの声とテンションと異様な情念で語るから、ああまで独自の迫力が生まれるわけであって、あの理論を誰かほかのニンゲンが語ったら、と、ためしに思ってごらんなさいよ。たぶん、全然締まらないからーー。一時彼が多用してた<ユダ金>って造語にしてもそうでしょ? 実際のエスタブリッシュメントを調べてみたら、ユダヤ系以外の資本なんてそれこそ腐るほどある。でも、彼はそんなのみんな省いちゃうんです、面白くないから。些末で面倒な考証も、地道で単調な取材もやらない。受けないから。うん、リチャード理論っていうのは、僕的にあえていうなら、あれは一種の芸だと思うな。あれってこの世で唯一リチャードコシミズにしかやれない、彼一代限りの特殊な話芸なんですよ。ま、大道芸人の水芸みたいなもんです。あまりにも彼の肉体と緊密に結びついてしまっているから、あれを抽象的なひとつの理論として抽出するのはむりなんです。だって、もともと理論じゃないんだもん。そもそもの目的自体が真理じゃなくって大衆受けなんですからーー」

V「それは、いくらなんでも暴論でしょう」

Z「暴論? そうかな? じゃあ、あなたはいつか彼がだされた例の犬丸勝子暗殺疑惑についてはどう思われます? あれをリチャード講演以外の場所で、あのとき、あなた、ためしにいってごらんなさいよ。ねえ、あれだけ物証も根拠も証拠もない子供だましの言説を、いったいどこの誰が相手にすると思います? フツーの場だったら誰も聴かないよ、あんなの…。3流ゴシップ誌の編集長でもあんな程度の寄稿は叩きかえしますって。でも、あの場ではみんなちゃんと聴いてた。どうして? 答えは簡単です。あれが、リチャードコシミズ講演会という特殊な磁場で語られたものだったから。あの声とあの情念とで語られたものだったから、だからみんな聴いたわけですよ、ちがいます?」

V「……」

Z「数々の工作員認定にしたって根本は一緒ーーあなた、たとえば会社で誰それは工作員だー! なんてふいに叫んでごらんなさいよ。同僚や上司はどう思うと思います?」

V「……」

Z「ねっ。いうまでもなく分かるでしょ? あれはね、リチャードコシミズ講演会という磁場においてだけ通用する特殊な言説であり、理論なの。いいや、より正確にいうなら、あれは理論ですらありません。あれは、そうだな、<男はつらいよ>の映画のなかで渥美清がよくやっていた、路上販売の寅さん口上だな。目的はごく簡単で、口上による販売品の売上促進と利益増進

V「しかし、そんなことやって、リチャードさんがいったい……なにを売るのさ?」

Z「売ってるのは正義の幻想。ここで自分の話を聴いてる君たちは特別な選ばれたニンゲンであるっていう根拠なき自負。PCまえに座ってるだけの自信薄弱の視聴者らに、君たちはオルガリヒ戦の最前線に立っている兵士だと思いこませてあげたりね。そのような諸々の幻術や生き甲斐を売ってやってるんだと思いねえ。売って、聴いてる信者をみんないい気持ちにさせて、寄付やら、党員証の年間更新やらの最終的ゴールに、ほい、14名さまご案内~! てなよな了見でしょうかねえ。万事は金のためであり生活のため。安心して柿ピー喰いながら怠け暮らしていくのが最終目的なのよ。そのための話芸であり、そのための原始の雄叫びであり、そのための白板叩きなんです、あれは

V「無礼な……あんたのいってるのは、ただの名誉棄損だ。ていうより、そんなおかしな深読みばかり並べて、あんた、なにしようっていうんだ? ないがしたいんだ? あんた、工作員なんじゃないか、ひょっとして…?」

Z「あらら。戦況不利とみると今度は僕を工作員呼ばわりですか? さすが精鋭ですねえ。じゃあ、僕がどこから、なんの任務で派遣された工作員なのか、その論拠をどうぞおっしゃってください」

V「なにを偉そうに…。たかがシャブチューの工作員のくせに。この工作員め! おまけにあんた、工作員だけじゃなくて、へへっ、もしかしたらホモなんじゃないか……?」

Z「はあ。工作員についで今度はホモ疑惑ですか? 程度ひくっ! ま、ホモ・サピエンスの一員であることは事実ですから、あなたの質問には二重の意味があることになり、どちらのホモかに限定してくれないことには僕としても答えにくいんですが……」

V「うるさい。このホモめ! このホモ工作員が! おまえなんかあっちへいけーっ!!(机上の名札を投げつけようとする)」

M「ああ、だめです、それはだめーっ! 視聴中の皆さん、放送の現場が混乱してきたので、今日の放送はこれで打ち切りにしたいと思います。なお、放送中に不適切な表現がいくつかありましたことをお詫びします。あっ。投げないで、モノ! それでは大荒れの会場より、さよなら、さよなら、さよなら……」

           (バロック調のBGM鳴る。カメラ、すばやくパンして番組終了 ww)

 

 

    教訓1:リチャードコシミズは本質シンガーである。歌い手・語り部としての才能はホンモノ。
      陰謀論は、彼がたまたまセレクトした題材であり、世に出るための方便にすぎない。     

 教訓2:リチャードコシミズに倫理はない。すべては「俺の快適な悠々自適生活」を目的に編まれた
     一元論であり、知っての通り一元論はガクモンではない。
     工作員認定は、彼にとって多くの商店が使用する「閉店セール」のような戦略にすぎず、
     誰かがそれによって多大な精神的苦痛を受けたとしても、なんの痛痒感ももたない。

 教訓3:リチャード理論をリチャード理論たらしめている根本は、あのリチャード・シャウトである。
     最近のように劣化の著しい、週刊誌からのコピーのような独創性ゼロの記事であっても、
     あのシャウトが講演中にときどき放たれさえすれば、聴者はリチャードコシミズを認知する。
     その比重は、「リチャード・シャウト > リチャード理論」であり、
     理論自体の価値は尋常じゃないくらいに小さい。

 教訓4:ミ〇ラエ〇カ案件、山荘資金案件は、多くの人間が関わっており立証は困難である。
     ただ、政党資金立上金だけはそれらの案件と異なる、明確な犯罪行為として追及は可能かと思われる。
     彼のために政党立上金を寄付し、その後の脱力展開に「あれえ?」と首をひねっておられる方が
     ありましたら、僕等「被害者の会」まで至急ご一報ください。

 教訓5:さらには彼に金を貸したがもどってこない。返還を要求しているが無視されている、といったような
     案件でお悩みの方がいれば、やはりご連絡ください。
     私どもはあなたの力になりたいと考えておりますーー。

 

 

 

 \

ジャンル:
ウェブログ
コメント (22)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ◆ リチャード氏への反論ジョ... | トップ | ◆ CHORYOさんのリチャードメ... »
最近の画像もっと見る

22 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
工作員とやら (CHORYO)
2017-06-11 14:53:15
ザガロと鮮邪さんはシャブ中工作員なのかどうか、ハッキリして欲しいんだけど。
輿水リチャード正は最近クソつまらんです。
CHORYOさん (第三者)
2017-06-11 16:23:15
シャブ中、ホモ云々はRKの乱暴な当て付けと思います。それ以外で大麻や合法ドラッグ等は嗜まれていたりはしませんか?CHORYOさんは確か大麻推進論者であったと記憶していますが?
講演会に1度も参加したことのない私の感想 (あかね)
2017-06-11 17:54:02
「小説魔界」・・・あの小説だけを読んで「大将の実体験」だと思う人は誰もいないでしょう。シャウト付きの解説が必要です。

「隠れユダヤ人からのリクルートメール」・・・これも渾身の朗読がありましたね。あんなメールが自分に届いたら、誰もがイタズラだと思うでしょう。本気にして他人に披露する人などいません。それともまさか大将の自作自演ではないですよねぇ?

「五金事件」・・・気に入らない党員を追い出しただけに見えました。腹立たしいので、工作員にしちゃおう!ってところでしょうか。

「M田さんの留守電」・・・パソコンをカタカタ叩きながら、女性が吹き込んだ留守録を聞く男。江戸川乱歩の「人間椅子」「屋根裏の散歩者」を思い出しました。この方はほとんど変態だと思いました。決まったことを話すのは得意なのに、電話は苦手なんですね。

「パンツ盗難事件」「自宅の庭にタランチュラ事件」「自転車の前かごのウサギのワラ盗難事件」「生ゴミ投入れ事件」「ヘリコプターで付け狙われる事件」「車に細工をされ危機一髪事件」・・・etc.

こんなの文章で読んだだけでは、誰も本気にしません。

大将はやっぱりあの恥も外聞もない「野獣の雄叫び講演会」がないとダメですね。
第三者ってシャブ中センサー? (CHORYO)
2017-06-11 18:03:10
大麻って合法だった?
お布施か贈与か不明の独立党 (百軒)
2017-06-11 21:11:49
山荘資金計画は頓挫したので、返還義務は当然ありますよね、コシミズ大将!

三井住友銀行に残り、65万円残高がありますか?大将。

教訓に2ですが、最近の事案だとザガロ君ですね。

M寄金も実は、80万円はコシミズ大将が着服したんですよね。

ますます肥えるコシミズ大将。

山荘に関しては、湿気が強く、とても人が泊まれる状況ではないですし、そもそも入手者は、親しい人限定でしか、泊まらせる気はないそうです。

コシミズ大将の欲望はつきませんね、今年はどのような詐欺をするのか要注目です。

金集めに関しては、確かな技術があるのは認めます。

都わすれさんは、今年はいくら、お布施しましたか?

Unknown (百軒)
2017-06-11 21:17:38
コシミズ大将の資金力は、独立党の皆さんが思っているより巨大です、愚息を早稲田の人間科学部【所沢】に入学させるために、1年浪人・その後、愚息は1年留年して、通常より2年、かかりましたが、コシミズ大将の経済力をもってすれば、簡単なことでした。

愚息は、時々、大将に金の無心をしているそうですが、経済連鎖です。

輿水大将が、党員から金を無心する⇒党員はお布施する⇒愚息が無心にくる。

しろうさんへ (あかね)
2017-06-12 09:53:34
しろう(さん)
2017年6月11日 9:07 AM

>講演おつかれさまです
拉致は利用された被害者の方も
いらっしゃるかも知れませんが
北にペナルティーを持たせる為の
朝鮮会議の捏造だと思います

東電女性職員を殺害したのも
反原発を内部で訴え続けたから
だと思います 

***********

おそらくこの方は、リチャード先生に「工作員」認定されている方のブログなど見に来るタイプではないでしょうね。残念です。

>朝鮮会議の捏造

「鵜呑み」とはこのことです。

リチャード先生に利用されている方もいっぱいいらっしゃいますよ。大勢の方が金銭的、精神的ダメージを受けています。

http://blog.livedoor.jp/net_detective2/archives/71313980.html
>大将の日本会議とwikipediaの日本会議
>日本会議=統一教会と断罪してしまえば簡単ですが、ことはもう少し入り組んでいるようです。私、RKは日本会議=背乗り朝鮮人会議であると見ています。

1973年6月、伊勢神宮において、神社本庁と、生長の家その他の反共右派宗教団体との間で懇談会が開かれた。(引用ここまで)

日本会議のメンバーが「背乗り朝鮮人」ばかりだなんて、大将が取材されたのですか?大将の単純明快理論は、頭を使わなくても済むので楽でしょうが、それではいけませんね~。まだテレビばかり見ているいわゆる「B層」の方がマシです。多少は自分で考えます。

>ことはもう少し入り組んでいるようです。私、RKは日本会議=背乗り朝鮮人会議であると見ています。

「ようです」「見ています」
大将は評論家ではない。「ジャーナリスト」ですよね?また、日本一「かもしれない」を多用するジャーナリストでもあります。
豚の遠吠え (CHORYO)
2017-06-12 12:50:50
輿水リチャード正が愛知県警の悪口を書いてますが、池袋署には何も言えません。
ビビってます。本当にみっともない。
そういえば (脱藩者1号)
2017-06-12 16:52:35
西洋医学からの脱却、特に従来のガン治療からの脱却と、東洋医学的考え方、アミノ酸等の化学調味料の害についての話も、いつの間にかしなくなりましたよね。
I先生も工作員認定され、その筋でRKが信頼していたと思われる『いもへぼらっく』氏も、いつの間にかコメントしなくなっています。
支援者連続切り捨て (CHORYO)
2017-06-13 11:36:58
本日の輿水リチャード正のブログは見事に三連続支援者裏切りですね。
ザガロ、CHORYO、松浦氏と彼に少なからず協力してきた人間をことごとく裏切っています。
以下の文章は党員の誰にでも当てはまります。原告T1を党員さんの名前に置き換えてみましょう。

<原告T1は、それらの膨大な数の接触者の一人に過ぎない。毎日15万にも達するブログ閲覧者のひとりに過ぎない。>

しかし、この後に続く文章がクズ過ぎ。

<確かに、広告宣伝で支援をしてくれたという点が他とは違うところだが、原告T1以外にも寄付者は多々いる。よって、被告輿水にとって、原告T1に対する興味は「書籍広告を代行してくれる人」以上の意味はなさず、特に、注目もしてこなかった。寄付者であるという点以外に特に着目すべき点が見いだせなかったからである。>

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

リチャードコシミズ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事