株式会社イイダアックス 社長日記

こんにちは 長野県の自然豊かな下伊那郡高森町から発信しています

今年の最後の大仕事

2014年12月31日 | 日記
実は昨年、洗面所の流し台のボールにクラックが入ってしまい、修理するか全体的に交換するか悩んだ末にボール交換することに決定し、自分でその作業を全て行うことを決めて、洗面ボール他その他一式のパーツの準備が整って居たのですが…
今年も作業に着手が出来ずに今日まで来てしまったわけなんですが、正直心残り状態で…
ならば即行動有るのみだと、大晦日の本日、作業に着手することを決定して実践しました。

先ずは三面鏡の鏡のついた上台を壁から外し、下台のカウンターが丸っと見える状態に。
色々な水回り関連の金具とかを取り外し、キャビネットの中に収納されていた物などを全て運びだし、洗面台単体の丸裸にしました。
次にはカウンターとキャビネットの分離なんですが、双方がシリコンコーキングでしっかりと固定されており生半可では分離できるようなものでもない状態でした。
端から少しずつカッターナイフを使ってい切れ込ませていくしかないようで、とっても狭いキャビネット内の空間に身体をねじ込んでの作業と成りました。

何とか苦労してカウンターとキャビネットを別離出来たら次はカウンターとボールを分離する事に成るのですが、こちらは心臓部とも言えるコーキング接着してある場所なのでなんともならんくらいしっかりとくっついておりました。

それでもなんでも剥がさなくてはと、ボールを割って少しづつ取り外していく事にしました。
ハンマーで壊したボールはまるでガラスの破片状態で、やたらと手に刺さったりして危険!
慎重に破片を扱いながら、何とかボールを取り外しすることが出来ました。
分解できた下水管も出来る限り綺麗にクリーニングして、キャビネットもカウンター裏も、古いコーキングを綺麗に削り落としてここから初めて再生作業のスタートと成ります。
新しいボールの接着面にシリコンコーキングを塗布します。そしてカウンターの下面に元有ったのと同じ位置にボール接着をしてカウンター固定金具を取り付けます。

取り付け後、内側にはみ出したシリコンコーキングをクリーニングしておきます。
暫くコーキングの固まるのを待ちながら養生しておいて、今度はキャビネットとコーキング接着しながらボルト固定して、外しておいた三面鏡の取り付けを行っておきます。

形がきまったら今度は水回り関連の器具の取り付けを元の通りに復旧しておきます。

最後の仕上げとして、壁と洗面台カウンター、洗面台カウンターとお隣のキャビネット等の隙間にコーキング処理を行って全ての作業が終了と成るわけです。

ここまで丸々1日、朝一から夜の10時迄掛かっての作業と成りましたが、2年越しの大仕事を全てクリアーすることが出来て気持ちよく年を越すことが出来そうです。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 年末の大掃除で | トップ | 初詣 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。