大分県杵築市立杵築中学校の違法PTA記

実質運営は中学校。任意入会はおろか、都合の悪いことは知らないふりや忘れたふり。ブラックとペーソス満載のPTA問題備忘録

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

豪快さん

2015-04-13 18:48:38 | 違法PTAに負けるな
むか~し深夜の情報番組でこれからは「豪快さん」が来るのではないか?というのを見たことがある。

マイクタイソンの試合だかなんだかを見て、その強さをいろんな表現でつまびらかにしようとする文化人や芸能人をつい笑っちゃったりして。冷静に試合を解説する元チャンプのトカちゃんが一番頭よさそうに見えたりして。なんだか面白い企画だったので印象に残ってる(笑)

その中で〆に出てきたのが勝新さん。試合を見ててのコメントは「何だ、これで終わりか?」
これぞ豪快さんって話だった。笑っちゃった。

さてPTA。擁護する人間も批判する人間も、なんだかここの所ちまちましてる気がする。そもそももっとシンプルでいいんじゃないかな~と考えちゃいました。


ブロンソンはわからないけど、豪快さんならこういうね!みたいな。

PTA「お子さんの入学おめでとうございます!今日からあなたもPTAの会員で・・・・」

豪快さん「何だこのやろう、因縁つけようってのか!」

PTA「い、いえ親はみんな会員で、PTAは子供のために活動を・・・」

豪快さん「馬鹿野郎、そんなこと俺が知るかよ」

PTA「子供がかわいくないんですか。PTAに入らないせいで子供がいじめられたり仲間はずれに・・・」

豪快さん「てめえうちのガキに何かしようってのか、上等だこら!」

PTA「ひ~~~」

豪快さん「てめえ逃げるな!このやろう!かかあ塩もってこい。てめえ二度とうちの敷居またぐんじゃねえぞ!」


こんな程度でいいんじゃないですかね、PTAに対する対応って。その程度のものだし、至極真っ当な反応だと思いますし。

いや自分では無理ですけどね・・・できればやってみたいですけど(笑)
コメント (25)
この記事をはてなブックマークに追加

物は壊れる人は死ぬ・・・

2015-04-08 15:41:36 | 高校進学
続けていうなら~子供は育って親は老いる・・・なんてところでしょうか。

何かというと、長子高校進学です。入学式でした。

入学に当たってやはりPTAのことは気になるわけです。忙しさにかまけてずるずる放置していましたし、なんだったら入学式あたりで何か言ってやろうかな、なんて思ってたり。

しかしあたら騒動になるのもいやだし、一応先に学校に相談。電話で教頭先生を呼んでもらってお話。

こちらの立場考えを述べた後のあちらのお話は「いわゆる普通のPTAですよ。行事もイベントのお手伝いに、可能な方に来ていただいて。そんないろいろな用事もありませんし。最初も入学式が終わった後にその場に残っていただいてクラス役員を決めていただいて、ホームルームにすぐ移動していただきますし」という内容。

う~ん、突っ込みどころ満載だけど、まるで悪気がないのはよくわかった(笑)

それを受けて細かい指摘を少々。入会意思確認と個人情報の第3者提供の問題。意思確認もあいまいなまま学校行事の中の流れでPTAの役決めとその強要などの問題点。

教頭はいちいち「はいはい」という反応。結構納得してくださっている様子でした。最終的に「役員決めの流れまでは、タイムスケジュールが既にくまれているので次回以降の改善点とします。入会届けに関しては対応はありだと思います。内容についてはたとえばこういうことでいいのでしょうか~~」「会長や校長にも相談しなければいけないことですが、私個人としては対応すべき案件だと思います」というお返事をいただきました。

さすが私立。危機管理意識が高い?あるいはお客さん(保護者や生徒)のほう向いてる?

これがわずか入学式2日前のことだったんです。念のために有名どころのPTA関係のウエブのアドレスと横浜市Pの例の資料を添えて速達で送りました。到着は入学式前日午前中。


そして迎えた入学式。

滞りなく終了まで進んで、その場でPTAについての説明があるとの事。

教頭が「本来学校行事がすべて終了したあとで別に時間をとるべき事柄ですが、この会場の次のスケジュールも決まっておりまして、申し訳ありませんがこのタイミングでPTAについての説明をさせていただきたいと思います」

いいじゃん。相当気を使ってるな~。

そして出てきたPTA会長。私学のPTA会長ってとりあえず名誉職で、子供のいない議員とかがやってるのかな~と思ってたら、現役お父さん感のある人でした。挨拶でも現役子育て世代として協力を~とかおっしゃってたし。

「あくまで任意加入の団体でありますことを前提とし・・・」一応いわなきゃいけないことはいってるけど、不満ありありな感じの言いっぷりでした。これは結構学校とかんかんがくがくあったのかもしれませんね。

それでも我慢してそう言ってればえらい!と思ったのですが「入会いただかない場合はそういった行事すべてに実費をいただくことになります。実際はとても皆さんの会費ではまかないきれてなく、学校から相当の援助を受けてます。なので非会員の場合PTA会費以上の出費があるものと思っていてください」

・・・あ~あ、言っちゃった(笑)大事なことは全然理解してないじゃん。この会長の理解が追いついてないだけなのか、学校と共有している認識なのか。なんにしろここでこのPTAに加入する気はなくなってしまいました。

とどめで会長「ちなみに去年までは全員参加しておりました!」と吐き出すようにおっしゃる。

けっきょく役決めもなくそのまま入会申込書と規約の配布をしておしまい。ここら辺は立派なのになぁ。

立ち去る会長に声をかけて自己紹介。そして挨拶の中で気になった点を意見させていただく。「親の立場にかかわらず子供の差別・区別は~」とか一般的なお話。

会長ずーっと「はい」「はい」「はい」他のリアクションなし。奥歯・・・というよりその2~3本前をかみ締めて口だけあけて返事してるみたいな。やや前のめりの姿勢で、睨むほどじゃないけど硬い表情で・・・ただ返事だけ繰り返し。なんだかだんだん後ろに変なオーラが立ち上ってくるような、そんな気迫を感じる(笑)こりゃしゃーないなと思い、オーラが質量を持って襲いかかってくる前に「それでは」とその場を離れる。「はい」以外の話を聞けなかった。徹底してる(笑)

この会長いい人なんだろうね。子供のためにやってきて、それに文句言われてる気分なんだろうか。無粋な水を差すとか。こういう善意をこじらせた人ってのはちょっと困ってしまう。

ちなみにその日の入会届けね。匿名なのはここまでの学校の対応は文句なしだから(笑)



このあとは「入会しません」にチェックを入れて提出するつもりです。ついでにお手紙を添えようと思います。「道義的に実費は払う気持ちはあるが、社会教育関係団体が勝手にやることは本来非会員に請求していいって事にはならないし、PTA通じてとはいえ学校の寄付が一部生徒に適応されないって言い切ってる団体を学校に関与させていいのか?」みたいな事を書いて。たぶんあの会長はこういうところまで考えが回ってないんだろうなぁ。・・・急だったし。

そんな手紙を見て、またひとつ考えを進めてくれたらいいな~と思いつつ入学式の顛末でした。


明日は杵築中学校の入学式らしいです。本来学校と関係のないPTAなんてもので、いやな思いをする人が出ませんように。教育長の依頼書を受けていい方向に変わっててほしいものです。




コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加