大分県杵築市立杵築中学校の違法PTA記

実質運営は中学校。任意入会はおろか、都合の悪いことは知らないふりや忘れたふり。ブラックとペーソス満載のPTA問題備忘録

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

大分市教育委員会

2016-07-13 20:38:24 | 教育委員会
出張編です。訳あって同行者として何度かうかがってます。

例によって誠意のない対応、自分勝手な解釈・・・あれやこれや文句のオンパレードができそうなのですが、まあいいです。杵築市のケースとは立場が違いますからね。

そんな中で今日出てきた面白い話。
社会教育課の担当者が出たがってて困るんだけど、今回は学校教育課の職員にも来てもらった・・・んだけど
「私が出てきているってことは校長の処分を申し入れるということですね。具体的に何を根拠にして処分をするということですか?」といきなり言い出す。
「コンプライアンスっていうけれど、違反してるという根拠の法律を教えてくださいよ」
「刑法に違反してれば処分になりますよ。それならこっちもすっきりします」

感じ悪いやつだなぁ(笑)・・・と心の中で思いつつ、しかし根拠か~と考える。

一般的に世の中の常識とか慣例的な規範みたいなものに沿って法律・・・はともかくとして、会社であれば社内のルールとか違反した際の罰則とかが作られるものなんじゃないかなぁ??
それを基準に人事評価や、ときには罰則がなされて、そういうのも含めてコンプライアンスっていわないのかな?と疑問にも思う。
役所っていうのはそういう、言動に関する注意とか行動の指針とかは整備されてないんだろうか???
刑法に触れなければコンプライアンスまでたどり着かないのかな?
だからこんなに強気?いやいくらなんでも・・・と思いつつも一般常識的考えだけでは軽率だったかもね、と思って、調べてみますね~と答えておいた。

そんなわけで調べ始める・・・地方公務員法とかあたりだよな・・・なんて思いつつ・・・ここらへんかなぁ。

(服務の根本基準)

第三〇条 すべて職員は、全体の奉仕者として公共の利益のために勤務し、且つ、職務の遂行に当つては、全力を挙げてこれに専念しなければならない。

(信用失墜行為の禁止)

第三三条 職員は、その職の信用を傷つけ、又は職員の職全体の不名誉となるような行為をしてはならない。


いかにも抽象的だしもうちょっと具体的な服務規程みたいなのは大分市にはないんだろうか?と思って探してたら・・・・・・・・・・・・・・・出てきた、県のだけど。そういや以前教えてもらってたんだ。

服務研修テキスト

全部書いてある。コンプライアンスの定義らしきものまで(笑)
脱力してしまったよ・・・大分市のいい勢いの学校教育課のおにいちゃんはこれを・・・知らなかったんだろうな。
都合が悪いから黙ってたとか、これに対しても独自の解釈があるとかそういうのではない・・・と思う。

一応内容をかいつまんで。

「全体の奉仕者であり、一部の奉仕者ではない」
「住民(県民)の思いや地域の声を正面から受け止める」
「自らの行動が公務員の信用に影響を及ぼす」

問題校長がこれ意識してれば終わっちゃってるはなしじゃない?


2 コンプライアンスとは
①コンプライアンスとは、「(要求・命令などに)従うこと、応じること」です。すなわち法 令を遵守することを基本に、高い倫理観に基づき行動することです。しかし、このコンプラ イアンスの意味を『法令遵守』とだけとらえ、逆に法の不備をつき「法令に違反していない」 と違法ギリギリの行為をしようとする場合があります。このような行為は組織の社会的信用 を失い、取り返しのつかない事態になる可能性があります。
②コンプライアンスは、「やらされる(他律的な)もの」ではなく、プロとしての誇りに基づ き、「自律的なよりよい組織の発展、成長のために前向きに取り組むべきもの」と考えるこ とが一般的です。
③公務員においても、法令により禁止はされていないが、それを行ったら県民の信頼を損なう と考えられる行為を行わない、法令には定められていないが、それを行えば県民・住民のた めになる行為を行うという、より高い次元の倫理が求められています。 (人事院:「公務員倫理を考える」((財)公務研修協議会発行))

立派なこと書いてるじゃん、やってることとはかけ離れた(笑)


懲戒処分とは、職員の非違行為(服務義務違反) に対する道義的な責任を追及する制裁であり、それ によって規律の保持と公務員秩序を維持することを 目的とするものです。

刑法はもちろんというか、そもそもアウトだろうけど、道義的な責任も追及されるんじゃん。
なら、あのヒヒ校長のやったことを道義的に検証するのもありなんじゃん?その結果処分とか・・・あたりまえの話だよね。


そのほかいいことがいっぱい書いてあるんで、ご興味のある方と大分市の教育委員会の面々はぜひご一読を。

これは委員会の総務とかそんな部署がつくったんだろうね。役所的常識というか、こうでなきゃやばいっていう危機管理意識があるもんね。

んで教職公務員は見ないでスル~♪

見ても忘れちゃう~♪

挙句に逆ギレ~♪

・・・なんだかな~って思う。ほんとに心からそう思う。
あそこはまともな世界になるっていうことが、はたしてあるんだろうか???

以上、本日の出来事でした。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 面白い話だった | トップ | GO!GO!大日方! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

教育委員会」カテゴリの最新記事