大分県杵築市立杵築中学校の違法PTA記

実質運営は中学校。任意入会はおろか、都合の悪いことは知らないふりや忘れたふり。ブラックとペーソス満載のPTA問題備忘録

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

卒業

2016-03-16 22:19:03 | 日記
先日無事に卒業式を迎えました。
いい卒業式でしたよ。PTAのPの字も出てこない…もちろんTの字もAの字も出てこなかったけど(笑)

PTA会長の来賓あいさつはあったかな。まあそれくらいは可です。

その場で学年懇談会があって、役員のあいさつみたいなのがあって、それは多分PTAの役員なんだと思うんだけど(それ以外の役員決めって話を聞いたことがないので)不自然なくらいPTAという言葉が出てこなかった。意思統一されてたのかな。

その後はクラス懇談。ここも役員らしき人が「言わせろ」ってかんじで一年間のお礼を言ってたけど、まあ感じの悪いものではなかったです。

しいて言えば最後の期末の懇談会のプリントでの案内までに、PTAに関する記載を検討して返事をするっていってた教頭から何も連絡が来なかったのがちょっと引っかかると言えば引っかかったかな。

あの時は直後に教育委員会から意見を言われて、それで意識として終わったことになっちゃったのかもしれないけどね。

最後の最後になって、PTAなどというくだらないものに煩わされることのない気持ちのいい卒業式を迎えられました。
感無量の先生たちに、温度差はあるけどやっぱり感動してる子供たち。親もジーンときちゃいますね。
一点曇りのない、すがすがしい青空のような一日を過ごさせてもらいました。全方位に向かって感謝の気持ちです。

4年にわたる杵築中学校との直接のつながりもこれでおしまい。様々な出来事、紆余曲折ありましたが、最後にはそれなりに思っていたような形になったのではないかと思います・・・PTA問題ね。

箸にも棒にもかからないような人間も中にはいましたが、多くの人は正直に向き合えば何かを返してきてくれた気がします。怒るときは怒ったように、あきれたときはあきれたように、うれしいときはうれしい素振りでうったえれば多くの場合・・・それでもダメな場合はさらにうったえて・・・少なくない変化があったと思っています。たまたま人に恵まれただけかもしれませんがね(笑)

来年からの杵築中学、どうなるかわかりませんが、出来ればこのすがすがしさを維持し続けてほしいものだと思います。
PTAなどというくだらない組織のせいで疲弊する親・教師・生徒が表れないといいんだけど。

そんなことを願いつつ、とりあえずは中学編は一巻の終わり。
この先は・・・高校編?
ない方がうれしいなぁ(笑)


コメント (6)

フライング気味に速報~♪

2015-05-28 12:35:00 | 日記
「おまえPTAの交通安全の旗持ちやってたじゃねえか。

なんとかセールもきただろう。

輪投げの輪拾いもやったんだし、立派に会員だろうが。」


なんて言い分で終わった前回。今回はその反論。

「地区交通安全って書いてたじゃねえか。

なんとかセールもPTA主催って書いてねぇぞ。だいたいしつこくてうるさいやつが絡んでくるから1回顔出したたけだ。

輪投げの輪拾いなんて行ってねえよ。そもそも知らねえし。勝手に名前だけ書いたんだろうよ。

強制加入とか知らない時のこと言って、なんでそれが正当化されちゃうんだよ。」

そんな話だったそうです。

あらためて反論はなく、次回はさらにもう一つ会員だった証拠が出るとかなんとか。

何が出るんだろう???ちょっと興味深いってのは不謹慎かな(笑)


全然関係ないけど、昔のボクシング中継の名台詞で「郡司さんの採点はイーブンです!!」っていうのがあった。ネタが古すぎるかな?

普通に理解して聞いてたんだけど、大人になって何かの本で読んだのは、同年代のライターが「なぜボクシングの判定は郡司さんの言い分で決まるんだろう???と子供心に不思議に思った」と書いたのを見て笑ったことがあった。なるほどと思いつつ、これってネタじゃね?みたいな(笑)

裁判ってコメディーの神髄みたいな場所かな。時間がかかるのも演出の一つかもしれない。いっそ最後は郡司さんの言い分で決めたらさらに笑えるかもしれない。

とりあえずこんなところで(笑)
コメント

正しい資質

2015-05-25 19:31:02 | 日記
取り組む事案にもよるし、考え方を異にするアプローチもあるだろうし、有効であることを条件に考えれば絞り込むのはかな~りむつかしい。

有能さの項目を並べて、数が多い方者をライトスタッフっていうのもいいかもしれない。そこでのアイデンティティがスムーズに感じられて情熱も確かなら問題なし!!

でもそんなやつはいないだろ?

やむにやまれぬ思いで行動を起こし、その思いの強さゆえ危なっかしい言動になったり、次々出てくる個別の問題や周辺の問題に対応しては、ぶれて見えちゃったり。

当事者ってそんなものじゃない?

お利口な奴らが、そんな一生懸命さからくる脇のあまさやそもそも弱い部分を嘲り、協力するようなふりをして自己主張はじめちゃうっていう構図はどうも好きになれない(親身なアドバイスは別だよ!本気で取り組むのはね!)もちろん軽率な批判なども、馬鹿なこと言ってるな~と思っちゃう。

ぐつぐつ煮込まれた鍋料理の素材はごったでも、うまいと思うものや必要と思うものを全部ぶち込んであるんだよ。

より多くの人に味わってもらうために洗練させて・・・なんてお願いは聞かない。多少はできるかもしれないし、自分の手の内に取り込んで材料の吟味から調味料の度合いまで完全に再構築すれば、より鍋料理としての価値は上がるかもしれない・・・ただし自分のものになっちゃう。フェアじゃない。

鍋を作りたいと思って作り始めて、材料を集めて下ごしらえをして時間をかけて煮込んで・・・大事なのってここじゃないのかな?そうやって作ったものは正確に作った想いってのを伝えるものなんじゃないの?

当事者の正しい資質ってそういう事なんじゃないのかな。

そして、そのことを理解し尊敬したうえで、自分の立場にみあった行動なりなんなりを起こす(支援でも別アプローチでも応援でも見てるだけでもなんでもオッケーだと思う)のが、それぞれの人の正しいありかたってものではなかろうか?

な~んとなく愚考してみちゃったりしました。突っ込みどころだらけだけど敬意を持てる年上の友人がいるのでね(笑)







コメント

これもいいんじゃないかな。

2015-03-07 12:23:22 | 日記
先日学年会計のペーパーが届きました。

こんなの。



「学年費」というものですが、去年までは収入の部分に「PTA会費」という項目があって、支出の部分に「PTAへ」というのがあった。

素通りしてるだけとはいえ、学校が集めてPTAへ渡してたってことことですね。

実際集金袋はひとつのままだと思うんだけど(未確認。間違ってたらごめんなさい)、体裁は整えてきたって事でしょうか。

大して意味がないようですが、こういう一歩一歩って大事だと思う。学校がしっかりしたメッセージを出してるってことになりますからね。


心配なのは、PTAの会長や役員が、知識や危機感がないまま置き去りにされないかって事です。

決定権限もなければ、運営もしない。そんなPTA関係者と話すことなんて今まで意味がないと思ってたけど、一度次のPTA役員をやる人間と話してみようかな・・・向こうは嫌かもしれないけど(笑)
コメント (5)

横浜市PTA連絡協議会の書面

2015-03-04 13:50:22 | 日記
横浜市PTA連絡協議会が各学校の校長・PTA会長への書面を配布した模様です。こちらに資料があります

以前紹介したこちらの流れからの配布(”PTAと任意”の資料をご覧ください)ということになるのでしょう。

こういう周知は立派だし意味のあることなのでしょうが、できれば具体的にどうすべきという手引きみたいなものも一緒に配布出来たらいいかな。入会申込書のフォーマットとか説明のロールプレイングの例とかも載ってるような。

結局現場が甘く見たりいいかげんな判断をくだしたりが、一番めんどくさくてどうしようもない結果になっちゃうんでしょうからね。

ひょっとしてそうなったときのいいわけの準備がそろそろいろんなところで始まってるのかな?訴えられるのはPTAで、罪に問われるのはPTA会長。教員は関係ありません。PTA協議会は注意を即してます・・・みたいな。

コメント (2)