今日が終われば

明日のために今夜何ができる? シンガーソングライターIGUAのブログ。

三鷹・星と宇宙の日2018ライブ♪

2018-10-28 | Weblog
10月最後の土曜日は
三鷹の東京大学天文学教育センターで歌ってきました!


この日は、隣接している

・国立天文台
・東京大学天文学教育センター
・星と森と絵本の家

での合同イベント
「三鷹・星と宇宙の日2018」が開催されており、
その催しの1つとしてミニライブが行われました。


タイトルは「木曽からの調べ」。


なぜ東大の施設で木曽??

実は木曽町には東京大学の天文台
「木曽観測所」がありまして

5月にリリースした「ROUTE 19」の歌詞に
木曽観測所の事を盛り込んだところ
関係者の方からお声掛けいただき
今回のライブが実現しました。

驚きの嬉しいつながりです😊



ライブは木曽の歌と
星の歌をメインにお送りしました♪

急いで作ったオリジナル
「星を見にいこうよ」はいかがだったでしょう?



ハロウィン仕様は今回で最後よ〜🎃



さらに!
今回の出演者はIGUAだけではありません。

前半はIGUA、
後半は木曽観測所の職員、征矢野さんもステージに!

征矢野さんは
木曽のスーパー宴会芸人と言っていいほど多才な芸の持ち主で、
イベントには引っ張りだこの存在です!





もう一度言います。
東京大学木曽観測所の職員さんです。
征矢野助手です。


メイン芸のスコップ三味線(世界第4位)と
最近導入した鼻笛を披露してくれました!


鼻笛は鼻息で鳴らし、口の形で音階を作る楽器で、
コツも肺活量も必要な結構難しい楽器。
そして、すごくきれいな音なんです。。

パッと見、楽器演奏してるように見えないケド…



「星の世界」「冬の星座」を吹いていると
「オカリナの音色に誘われて」と
奥様方が引き寄せられてきました!


ラストは「ROUTE 19」をセッション!






なかなか面白いステージになったかと思いますよ〜笑


星に直接関係無かったかもしれないけど
これに限らず、いろんな角度からアピールする事で
より多くの人に振り向いてもらえると思うんだよね😊




展示も面白かった!

東京大学はチリのチャナントール山に
天文台を持ってるんだって。
世界最高地点の天文台としてギネス認定されてるんだそう。
すごいねー!



チリの動物、アルパカの人形が
たくさん飾ってありました。
カワイイ♪



国立天文台の棟も
いろんな催しをしていて楽しかったです😊

古い天文台や望遠鏡など
貴重な古いものもたくさん見ることができました。











イベントで子供向けにバトルカードを
配っていたみたいなんだけど

小2、3年生くらいの少年達が
「闇のカードはココですよね!」
と、IGUAの物販に突撃してきました。

紛らわしくてゴメンよ。
なんだい、闇のカードって。。







最新の画像もっと見る

コメントを投稿