白石勇一の囲碁日記

ほぼ毎日更新、白石勇一七段のブログです。
著書「やさしく語る」シリーズ「碁の本質」「布石の原則」「碁の大局観」発売中!

Master対棋士 第50局

2017年07月21日 21時30分32秒 | Master対棋士シリーズ(完結)
皆様こんばんは。
竜星戦本戦の対戦表(未公開)を見た感想は・・・。
「えっ、この位置?」でした。
まあ、何であれ全力を尽くすのみですね。

なお、事前収録のテレビ棋戦なので、対局日や結果等は話題にできません。
ご了承ください。


さて、本日はMaster対棋士シリーズの第50回です。
半年前に始めた企画ですが、ようやくゴールが見えて来ました。
今回登場するのは柯潔九段です。
本局を含めて4回対局しましたが、世界最強の打ち手もとうとう勝てませんでしたね。



1図(テーマ図)
黒1では、A以下を決めてからBに開けば第22局第48局と同じになります。
すると白2と入られるのが厄介ということで、黒1と上方に寄せて牽制しましたが・・・それでも入って来ました!
なんて図々しい奴なんだろう、と思ってしまいます(笑)。

ただ、狭いからこそ入りやすいという場面もあります。
例えば・・・。





2図(参考図)
このように、黒が手間をかけた所に入って来られて困った経験は、多くの方がお持ちでしょう。
相手が手間をかけているからこそ、上手く荒らせば大きなポイントを挙げられるのです。
実戦の打ち込みも、そんな意味があるのかもしれません。





3図(実戦)
実戦に戻りましょう。
白1から捌きに入りました。
上を打ったり下を打ったりと忙しい限りですね。

殴り合いなら当然黒が有利です。
しかし、元々黒の石数が多く、地になる可能性が高かったところなので、白はどちらかを取られても良いのです。
このことが黒の対応を難しくさせています。





4図(実戦)
その後、白1とケイマして一段落です。
白△は取られましたが、まだ活用の余地がありますし、下方の白は安泰になっています。

さて、ここで黒は左辺を守りたいのですが、ぴったりした着点がありません。
黒Aでは打ち込みが残りますし、かと言ってBと堅く守る気もしません。
白△の味とも関連するのですが、白Cなどからの侵略の余地があり、ほとんど黒地ができないからです。
という訳で、実戦は黒Dに向かいましたが、すかさず左辺に打ち込まれ・・・。





5図(実戦)
その結果がこの図です。
黒を分断し、明らかに白攻勢です。

黒の多い所に打ち込んで行ったはずなのに、何故こんなことになってしまったのでしょうか?
不思議ですね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 本日の対局 | トップ | Master対棋士 第51局 »

Master対棋士シリーズ(完結)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事