囲碁の果樹園(囲碁の木がすくすく育つユートピアを目指して)

人間とAIが集い囲碁の真理を探究する場の構築をめざして、皆様とともにその在り方を探っていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2間高バサミ(3)

2018-04-29 06:11:21 | 実験

2間高バサミ定石の変化検討を続けます。

図1、白1のツケに黒2と引く変化です。

白が、図2の白1と下がれば、黒2と脱出を図ります。図3白1のノビならば黒2を決めてから黒4と切れば、白は抵抗の余地なく、以下黒8までと活きます。この結果は、白の外壁に傷があり、しかも隅の白に死が残っているので、はっきり黒良しです。かと言って、白1で白5と切りを防げば黒は中央に進出して、隅の白に一手戻りますから、黒の有利な戦いでしょう。図2白1のサガリは良くないようです。

図2の白1では、図4の白1キリはどうでしょうか? 黒2を利かしてから、黒4、6とツケヒイて、攻め合いには黒に余裕がありそうです。一例として、図5の進行ならば、黒の先手ゼキで、黒12の急所マゲに回っては、やはり黒が優勢です。

なかなか、黒の悪い図が出ません。次回は、白が5線を押して行く手の別法を調べます。

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
« 2間高バサミ(2) | トップ | 2間高バサミ(4) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

実験」カテゴリの最新記事