~苦楽つれづれ草紙~

本音でトーク
ニュース・文学・政治・経済破り読み!
フリーライター・三文コラムニストの夢前孝行です。

30才まではジョーカーが何度も手の内にあたった

2017年01月03日 20時42分19秒 | 日記
私に人生で30才までは手の内にジョーカーが
何度も巡り来て
絶えずジョーカーに悩まされ続けた。
ジョーカーを持ちたくないのに
ジョーカーを誰から引くなかわからないけれど
引いてきていて
ドいん月の月日を送っていた。

でもジョーカーを見ることが31才になってから
見たくてもい見れなかった。
あれほど嫌っていたジョーカーは
私の手には巡ってこなくなった。

果たして私がかって持っていたジョーカーは
いったい誰が持っているのか?

ジョーカーは当時は厄よう神だったけれど
今は幸運の女神だったと思っている。

ジョーカーは絶えず人の手に渡り歩いている。
そして又きっと自分お手からも
ジョーカーは他人の手に渡り歩いているものいるものだから
ジョーカーを持っていても心配することはないよ。。。。。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 浅草駅を出ると浅草寺に向か... | トップ | 嘘を言っても自分だけは騙せない »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事