ぱんや店ちょ~の「兵庫県神社巡り」セカンド。

兵庫県に約9000ある神社を巡ってます。

「小さな神社」を「すくいとる」ように丁寧に巡っていきたいと思ってます。

厄八幡神社

2017-04-30 17:01:39 | 日記
篠山市住山10にあります「厄八幡神社」です。

「鳥居」です。

「手水舎」です。

「狛犬」です。


「拝殿」です。

「本殿」です。

「稲荷社」です。


「境内社」です。




創立年不詳。

山城国石清水八幡宮より勧請。

天和3年(1683)、社殿再建。

宝暦6年(1756)、再度造営する。

明治6年(1873)、村社に列せられる。

この神社の主祭神は「八幡大神 ハチマンオオカミ」です。

「ハチマンオオカミ」は、日本の文化的基礎を築き、武神から日常守護の神になりました。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

厚浜諏訪神社

2017-04-29 16:46:17 | 日記
洲本市中川原町厚浜811にあります「厚浜諏訪神社」です。



「鳥居」です。

「階段」上がっていきます。

「手水舎」です。


もうひとつの「鳥居」です。

「神木のクスノキ」です。

この神社に参拝する前に地元の方に「境内のクスノキが凄いからね」と言われました。「確かに」。

「拝殿」です。

「本殿」です。

「大山神社・神祀」です。




「神社」から海を見ます。

約二千年以前より長野県諏訪湖畔に、鎮座します諏訪大社の御分社の1つで、今から二百六十年以上の昔にこの台地に勧請されました。

その後何度も改築され、現在の社殿は明治42年10月に竣工されてます。

本神社は「無病延命」「難病息滅」の社として「流行病」のあるときは参拝者が絶えなかったそうです。

この神社の主祭神は「タケミナカタノカミ」です。

「タケミナカタノカミ」は長野県の諏訪大社を本拠地として全国各地に広がってます諏訪神社の主祭神です。

悪神を退治する武勇の神で、「スポーツの神」「勝負の神」と親しまれてます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

事代主淡島神社

2017-04-29 16:22:33 | 日記
洲本市安呼町平安浦1987にあります「事代主淡島神社」です。

R28沿いにあります。




「鳥居」です。

「手水舎」です。

「本殿」です。

「境内社」です。




違和感はありますが、状況的には仕方ないのかもしれません。


「八幡神社」例祭のお旅所です。


この神社の主祭神は「事代主神 コトシロヌシ」です。

「コトシロヌシ」は「託宣の神」「海の神」として親しまれています。

釣り好きから、「恵比寿」と同一視される場合もあります。

この神社、「海の近く」に建てられてます。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

安呼八幡神社春祭り

2017-04-28 17:34:59 | 日記
"平成29年 洲本市安乎八幡神社春祭り 宮入" を YouTube で見る

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

安呼八幡神社

2017-04-28 16:49:04 | 日記
洲本市安呼町平安浦1469にあります「安呼八幡神社」です。

「鳥居」です。


「手水舎」です。





「神門」です。毎回なのですが、中におられる方、誰かわかりません😅「応神天皇??」。

「境内」入ります。


「狛犬」です。


「拝殿」です。

「本殿」です。

「境内社」です。



創立年不詳。

大永7年(1527)、「安宅秀興」今の地に遷座し、天保2年社殿を改築。

安永5年(1776)、本殿を再興。

明治6年(1873)、郷社に列せらる。

明治14年(1881)、本殿・拝殿の位置を変更修繕し、同43年(1910)、春日神社以下九社を合祀。

春祭りとして「淡路だんじり祭」があります。

この神社の主祭神は「応神天皇 オウジンテンノウ」です。


「オウジンテンノウ」は、第15代天皇です。

平安時代以降、武士を中心に崇拝されてました。

源氏の氏神になり「武神」として祀られました。














コメント
この記事をはてなブックマークに追加